このホームページについて
 香川共同リポジトリは、香川県内で生産された学術研究成果を電子的に収集、整 理、保存し、インターネットを通じて無償で提供することを目的として公開して います。

*平成23年度国立情報学研究所最先端学術情報基盤(CSI)構築推進委託事業です。

kuir is 6772
total is 7356
スポーツ少年団における体罰に関する探索的研究─不正のトライアングルに基づく考察─ 上野 耕平 Ueno Kohei
本研究では,個人が不正行為に至る要因を説明した「不正のトライアングル(Albrecht, 2014)」を援用した上で,スポーツ少年団の指導者を対象として調査を実施し,これまでの体罰経験とスポーツ指導に対する考え方や体罰に対する許容度,指導現場の状況の関係について,探索的に検討することを目的とした。 スポーツ少年団指導者講習会に参加した指導者44名を対象として調査を行った結果,7割を越える指導者が過去5年間に暴力,暴言,威圧,しごきのいずれかの体罰を行った経験があること,また行われた体罰の多くは,保護者ら子ども以外の人物が体罰を確認できる状況で行われていたことが明らかになった。さらに暴言以外の体罰は無資格者よりも有資格者によって行われていたほか,勝利を重視する指導方針が威圧やしごきを助長する一方,楽しさを重視する指導方針は暴力や暴言を低減する関係にあることが示された。本研究の結果,スポーツ少年団においても体罰防止に向けた早急な取り組みが必要であることが示され,スポーツ指導者が体罰に至る心理的メカニズムの解明に焦点を当てた研究と共に,体罰が行われる機会に注目した研究が必要であると考えられた。またその際には,指導者のみならず保護者も含め,少年スポーツに関わるステークホルダー全体を視野に入れる必要があると考えられた。

Hydroxychloroquine modulates elevated expression of S100 proteins in systemic lupus erythematosus 脇谷 理沙 Wakiya Risa
Abstract Objectives: We investigated the effect of hydroxychloroquine (HCQ) on S100A8 and S100A9 serum levels in systemic lupus erythematosus (SLE) patients with low disease activity receiving immunosuppressants. Methods: SELENA-SLEDAI, Cutaneous Lupus Erythematous Disease Area and Severity Index (CLASI) and serum levels of complement factors, anti-dsDNA antibodies, and white blood cell, lymphocyte, and platelet counts were used to evaluate disease activity, cutaneous disease activity, and immunological activity, respectively. Serum S100A8 and S100A9 were measured at HCQ administration and after 3 or 6 months using ELISA. Results: S100A8 and S100A9 serum levels were elevated at baseline and the magnitude of decrease from baseline at 3 and 6 months after HCQ administration was greater in patients with renal involvement than in those without (baseline: S100A8, p = 0.034; S100A9, p = 0.0084; decrease: S100A8, p = 0.049; S100A9, p = 0.023). S100 modulation was observed in patients with (n = 17; S100A8, p = 0.0011; S100A9, p = 0.0002) and without renal involvement (n = 20; S100A8, p = 0.0056; S100A9, p = 0.0012), and was more apparent in patients with improved CLASI activity scores (improved: S100A8, p = 0.013; S100A9, p = 0.0032; unimproved: S100A8, p = 0.055; S100A9, p = 0.055). No associations were observed for immunological biomarkers. Conclusion: HCQ may improve organ involvement in SLE by modulating S100 protein levels, especially in patients with renal or skin involvement. Keywords: S100A8; S100A9; Systemic lupus erythematosus; hydroxychloroquine; lupus nephritis; skin (医博乙293)

Correlation between microRNA-527 and glypican-3 in hepatocellular carcinoma 野村 圭 Nomura Kei
(医博乙292)

Time Course Changes in Urinary Angiotensinogen and Circulating N-Terminal Pro-B-Type Natriuretic Peptide in Patients Hospitalized With Acute Heart Failure 横山 聖太 Yokoyama Shota
Abstract: Objective Home care is important in patients with heart failure (HF) in order to maintain their quality of life. A biomarker that can be measured noninvasively is needed to optimize the home care of patients with HF. Urinary angiotensinogen (uAGT) is an indicator of the intrarenal renin-angiotensin system activity, which may be augmented in HF. We hypothesized that uAGT might be a urinary biomarker in HF. Methods We measured uAGT by an enzyme-linked immunosorbent assay and uAGT normalized by urinary creatinine (uCr)-designated uAGT/uCr-at admission and discharge in 45 patients hospitalized for HF. Results We found that both uAGT/uCr [median (interquartile range): 65.5 (17.1-127.7) μg/g Cr at admission; 12.1 (6.0-37.0) μg/g Cr at discharge; p<0.01] and N-terminal pro-B-type natriuretic peptide (NT-proBNP) levels [5,422 (2,280-9,907) pg/mL at admission; 903 (510-1,729) pg/mL at discharge; p<0.01] significantly decreased between admission and discharge along with an improvement in patient's clinical status [New York Heart Association scores: 3 (3-4) at admission; 1 (1-1) at discharge; p<0.01]. The generalized least squares model revealed that the time course changes in uAGT/uCr also correlated with those in NT-proBNP levels between admission and readmission in five patients readmitted for HF. Conclusion The results indicated that the time course changes in uAGT/uCr correlated with those in the NT-proBNP levels in patients with HF who showed a clinical improvement. Further investigation and development of a kit for the rapid measurement of uAGT are needed to evaluate the clinical utility of uAGT as a biomarker in HF. Keywords: heart failure; renin-angiotensin system; urinary angiotensinogen; N-terminal pro-B-type natriuretic peptide (医博甲757)

D-Tagatose Effectively Reduces the Number of Streptococcus mutans and Oral Bacteria in Healthy Adult Subjects: a Chewing gum Pilot Study and Randomized Clinical Trial 永峰 優一 Nagamine Yuichi
Abstract We examined the effect of D-Tagatose on the growth of oral bacteria including Streptococcus mutans (S. mutans). Saliva collected from 10 healthy volunteers was plated on BHI medium (to culture total oral bacteria) and MBS medium (to culture S. mutans, specifically). Agar plates of BHI or MBS containing xylitol or D-Tagatose were cultured under aerobic or anaerobic conditions. We then counted the number of colonies. In BHI plates containing D-Tagatose, a complete and significant reduction of bacteria occurred under both aerobic and anaerobic conditions. In MSB medium, significant reduction of S. mutans was also observed. We then performed a doubleblind parallel randomized trial with 19 healthy volunteers. They chewed gum containing xylitol, D-Tagatose, or both for 4 weeks, and their saliva was collected weekly and plated on BHI and MSB media. These plates were cultured under anaerobic conditions. Total bacteria and S. mutans were not effectively reduced in either the D-Tagatose or xylitol gum group. However, S. mutans was significantly reduced in volunteers chewing gum containing both D-Tagatose and xylitol. Thus, D-Tagatose inhibited the growth of S. mutans and many types of oral bacteria, indicating that D-Tagatose intake may help prevent dental caries, periodontitis, and many oral diseases. Keywords: D-Tagatose; Streptococcus mutans; chewing gum; oral bacteria; xylitol (医博甲756)

栄花物語における希望表現について 柴田 昭二 Shibata Shoji 連 仲友 Lian Z.


エッジデバイスを用いた簡易顔認識示システムの試作 宮崎 英一 Miyazaki Eiichi 坂井 聡 Sakai Satoshi 谷口 公彦 Taniguchi Kimihiko 佐野 将大 Sano Shoudai 近藤 創 Kondo Hajime
要旨: 本研究では、エッジデバイスとして安価なシングルボードコンピュータ(Raspberry Pi)を用いた顔認識システムの試作を行った。ここでは、推論アクセラレータを組み合わせる事で、非力なエッジデバイスでも速度及び精度の面でも実用に耐えられる顔認識システムが構成できた。また通信プログラムを自作する事により、ネットワークを介してエッジデバイスとコンピュータ間でデータ共有が可能になった。これにより、エッジデバイスからクラウドコンピューティングの可能性も考えられる。

Google Colaboratoryを用いたディープラーニング画像認識学習システムの試作 宮崎 英一 Miyazaki Eiichi 坂井 聡 Sakai Satoshi 谷口 公彦 Taniguchi Kimihiko 佐野 将大 Sano Shoudai 近藤 創 Kondo Hajime
要旨: 本研究では、Google Colaboratoryを用いたディープラーニング画像認識学習システムの試作を行った。ここでは、Google Colaboratoryを用いる事で、簡単にディープラーニングの開発環境を整える事が出来た。本研究では、これを利用して文系学生にも利用しやすい画像認識学習システムの構築を行った。ここでは画像認識学習システムをツールとして使用するので、複雑な専門的知識を必要とせず、自前の画像を準備すれば、その画像を判別する事が出来るシステムとした。このため、学習者に画像認識システムを体感しやすい教材とする事が出来た。

算数・数学の学習困難を主訴とする小・中学生を対象とした数概念の評価方法に関する検討 惠羅 修吉 Era Shukichi 中島 栄美子 Nakajima Emiko
要旨: 熊谷(2007)は小学校低学年における数概念の理解を評価する課題として線分・円描写課題の有用性について検討したが,算数・数学の学習困難のある児童生徒を対象とした研究は不十分である。本稿では,主訴として算数・数学の学習困難がある通常の学級に在籍する小・中学生を対象として,熊谷(2007)の線分・円描写課題を実施し,課題遂行の特徴について分析することを目的とした。その結果,対象児童生徒の過半数が,線分・円描写課題の両方で正確さが低減した遂行結果を示した。このことは本課題が算数・数学の学習困難を主訴とする児童生徒の数概念の習得状況を評価する課題としての有効性を示唆するものであるが,その理論的な妥当性と実施上の問題について更なる検討が必要である。

学校教育から見た「学校と地域の連携・協働」の動向について―教育政策と学習指導要領の変遷を通して― 平田 俊治 Hirata Syunji 畦 五月 Une Satsuki 時岡 晴美 Tokioka Harumi


地方部の就労継続支援B型事業所における精神障害のある利用者支援と課題 -利用率と工賃向上の取り組みに焦点をあてて- 山口 明日香 八重田 淳


特別支援学校進路指導担当教員の職務遂行上与えらている裁量及び権限の範囲に関する研究 -専任教員数の違いによる比較分析を中心に- 山口 明日香


江戸後期の商家における算術教育に関する研究 ―関川家「算法記」及び「算学稽古草」の分析から― 松田 有加里


医師のユーモアと医療秘書の補佐機能 佐藤 麻衣


研究授業「日本国憲法」の実施報告 山口 明子


全米教職専門職基準委員会(NBPTS)スタンダードを活用した教師教育施策の展開 ―リーダーシップを有する教員の育成に着目して― 藤本 駿


オンライン口コミの情報探索行動における課題 日笠 倫周


大学男子ハンドボール競技におけるゲーム分析に関する研究 -ゲームの勝敗に影響を及ぼす要因- 花城 清紀 田中 美季


スポーツファン研究の理論的課題:「飽き」研究に向けた予備的考察 宇野 博武


有効求人倍率の一考察 大藪 和雄