小学校低学年におけるSST実践--学級規模による違い

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/1044
タイトル
小学校低学年におけるSST実践--学級規模による違い
タイトル(別表記)
Practice of social skills training in the lower grades of elementary school : the difference from class sizes
ファイル
内容記述

低学年2学級(1年生30人学級と2年生40人学級)を対象に学級単位のSSTを実施し, 学級規模によってスキル習得に違いがあるか検討することを目的とした。ホームワークや質問紙調査等により分析した結果, 学級規模よりむしろ児童の生活経験や発達段階等の学年による違いが影響することが分かった。一方, 学校生活に慣れておらず生活経験が少ない1年生にとっては, スキル練習のための教室空間があり, 教師のフィードバックが多くなる少人数学級の方がスキル習得には効果的であり, それが2年生以降の学級集団の安定につながることが推測された。

研究論文・実践報告

著者
著者 山本 木ノ実
著者(ヨミ) ヤマモト コノミ
著者(別表記) Yamamoto Konomi
著者 宮脇 充広
著者(ヨミ) ミヤワキ ミツヒロ
著者(別表記) Miyawaki Mitsuhiro
著者 山村 勝哉
著者(ヨミ) ヤマムラ カツヤ
著者(別表記) Yamamura Katsuya
掲載誌
香川大学教育実践総合研究
18
開始ページ
1
終了ページ
12
出版者
香川大学教育学部
出版年月日
200903
ISSN
1345-708X
NCID
AA1147009X
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.