幼稚園教諭にとって「ちょっと気になる」子どもの幼稚園から小学校への移行--第1学年に少人数学級を導入することの効果と関連して

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/1048
Title
幼稚園教諭にとって「ちょっと気になる」子どもの幼稚園から小学校への移行--第1学年に少人数学級を導入することの効果と関連して
Title Alternative
The "slightly difficult" children in transition from kindergarten to elementary school
File
Description

昨今, 学びや発達の連続性の視点から, 幼小移行期の子どもの姿や教育課程の改革に関する議論が盛んである。しかしながら, 幼稚園から小学校へ上がっていく子どもの様子を追跡した実証研究は少ないのが現状である。本研究では, 幼稚園教諭による1年生の授業参観を行い, 対象児の学習や生活の状況について評価してもらうことで修学前後の比較を行った。対象児の選定にあたっては, 就学に当たって気になるところがあった子どもを幼稚園教諭に抽出してもらった。結果, 全体的な傾向として幼稚園教が「気になる」と捉えた子どもの小学校教育への適応には良好な経過が見出された。対象とした小学校では30人学級を導入していることにより, 「教師の目が適切に届く」だけでなく, 「級友にも余裕が生まれている」という学級環境があり, 「気になる」子どもの落ち着きや適応に影響している可能性が示唆された。

研究論文・実践報告

Author
著者 川田 学
著者(ヨミ) カワタ マナブ
著者(別表記) Kawata Manabu
Publication Title
香川大学教育実践総合研究
Volume
18
Start Page
53
End Page
63
Publisher
香川大学教育学部
Published Date
200903
ISSN
1345-708X
NCID
AA1147009X
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.