ゼミ形式の授業に関するFDの可能性と必要性

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/1119
Title
ゼミ形式の授業に関するFDの可能性と必要性
Title Alternative
Possibility and Necessity of FD Concerning Class of Seminar Style
File
Description

ゼミナールに関するFDは,ゼミのやり方を規格化しようとするものではない。それぞれの「教育する場」の条件によって,また,担当する教員の得手不得手によってゼミのやり方は違っていて当然である。ただし,いくらゼミのやり方が多様であることを認めるからといって,この多様性を隠れみのにして「手抜きのゼミ」が放置され,「低調なゼミ」が改善されないのは困ったことである。本研究では,ゼミ形式の授業に関するフォーマルおよびインフォーマルなFDの可能性と必要性について考察する。

研究論文・実践報告

Author
著者 毛利 猛
著者(ヨミ) モウリ タケシ
著者(別表記) Mouri Takeshi
Publication Title
香川大学教育実践総合研究
Volume
15
Start Page
1
End Page
6
Publisher
香川大学教育学部
Published Date
200709
ISSN
1345-708X
NCID
AA1147009X
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Rights
本文データはNIIにおいて電子化したものである
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.