香川県における「小中連携」の取り組みに関する研究

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/1132
Title
香川県における「小中連携」の取り組みに関する研究
Title Alternative
A study on Activities based on ""Partnership between Elementary School and Junior High School"" in Kagawa Prefecture
File
Description

近年,「中一ギャップ」という言葉で,小学校6年生から中学校1年生への移行段階における,子どもたちの中学校生活への適応の難しさが強調され,これに対応する小中学校の連携した取り組みが求められている。われわれは平成19年1月に香川県下のすべての小学校と中学校を対象に「小中連携」の取り組みに関するアンケート調査を実施した。本研究は,この調査に基づいて,香川県における「小中連携」に関わる取り組みの現状と,これを推進する小学校と中学校の教員の意識を明らかにしたものである。

研究論文・実践報告

Author
著者 毛利 猛
著者(ヨミ) モウリ タケシ
著者(別表記) Mouri Takeshi
Publication Title
香川大学教育実践総合研究
Volume
16
Start Page
1
End Page
13
Publisher
香川大学教育学部
Published Date
200803
ISSN
1345-708X
NCID
AA1147009X
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Rights
本文データはNIIにおいて電子化したものである
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.