図形の提示順序が児童の四角形の弁別に与える影響

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/1138
Title
図形の提示順序が児童の四角形の弁別に与える影響
Title Alternative
Effects of Order of Presentation of Geometric Figures on Students' Discrimination of Quadrilaterals
File
Description

小学校中・高学年の児童を対象として,三角形・四角形の弁別に関する調査を行った。このとき,三角形や長方形から先に回答する問題紙と不等辺四角形から先に回答する問題紙の2種類の問題紙を用いた。その結果,中学年,特に4年生の児童では,長方形などから先に回答すると不等辺四角形を四角形であるとする判断が阻害されることが明らかになった。これらの結果について総合的に検討すると共にそこから得られる図形指導への示唆に言及した。

研究論文・実践報告

Author
著者 長谷川 順一
著者(ヨミ) ハセガワ ジュンイチ
著者(別表記) HASEGAWA Junichi
Publication Title
香川大学教育実践総合研究
Volume
16
Start Page
67
End Page
76
Publisher
香川大学教育学部
Published Date
200803
ISSN
1345-708X
NCID
AA1147009X
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Rights
本文データはNIIにおいて電子化したものである
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.