知的障害児における語想起課題の分析 : 知能と性差の影響

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/1142
Title
知的障害児における語想起課題の分析 : 知能と性差の影響
Title Alternative
Verbal Fluency Task for Children with Mental Retardation : Effects of General Intelligence and Sex Difference
File
Description

知的障害児を対象として,代表的な実行機能検査である語想起課題に対する知能と性差の影響について検討した。音韻手がかり条件とカテゴリ手がかり条件による語想起を実施した。知能の影響は,カテゴリ手がかり条件で強く,また課題遂行の前半で強く出現した。性差の影響はわずかであった。条件,知能,性差にかかわらず,時間経過に伴う検索効率の減衰現象が認められた。最後に カテゴリ手がかり条件で多数出現した誤反応について分析した。

研究論文・実践報告

Author
著者 惠羅 修吉
著者(ヨミ) エラ シュウキチ
著者(別表記) Era Shukichi
著者 大庭 重治
著者(ヨミ) オオバ シゲジ
著者(別表記) Ohba Shigeji
Publication Title
香川大学教育実践総合研究
Volume
16
Start Page
105
End Page
113
Publisher
香川大学教育学部
Published Date
200803
ISSN
1345-708X
NCID
AA1147009X
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Rights
本文データはNIIにおいて電子化したものである
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.