高齢者の「主観的健康観」に関する研究 : 半構造化面接における高齢者の語りから

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/1147
Title
高齢者の「主観的健康観」に関する研究 : 半構造化面接における高齢者の語りから
Title Alternative
A Study on the Characteristic of Health in the Elderly : From the Elders' Narratives on Semi Structured Interview
File
Description

本研究では,高齢者が自身の心身の健康をいかに認知しているかについて検討することを目的とした。Eriksonの心理社会的発達理論を参考に「健康生活認知尺度」を作成し,その尺度を用い,高齢者に半構造化面接法による調査を行った。その結果,高齢や身体的障害がそのまま主観的健康観に影響するのではないことが明らかとなった。また,高齢者の心理社会的発達を促すために,人生の振り返りを支援することの重要性が示唆された。

研究論文・実践報告

Author
著者 中村 律子
著者(ヨミ) ナカムラ リツコ
著者(別表記) Nakamura Ritsuko
著者 宮前 淳子
著者(ヨミ) ミヤマエ ジュンコ
著者(別表記) Miyamae Junko
Publication Title
香川大学教育実践総合研究
Volume
16
Start Page
157
End Page
168
Publisher
香川大学教育学部
Published Date
200803
ISSN
1345-708X
NCID
AA1147009X
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Rights
本文データはNIIにおいて電子化したものである
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.