Analysis of functional properties of PirA and ScdA in Myxococcus xanthus

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/1292
タイトル
Analysis of functional properties of PirA and ScdA in Myxococcus xanthus
タイトル(別表記)
Myxococcus xanthus におけるPirAとScdAタンパク質の機能解析
ファイル
内容記述

我々はtwin-arginine タンパク質輸送(Tat)システムがM. xanthusにおいて生育や分化における重要なタンパク質をペリプラズマ画分に輸送していることを報告している.この研究ではTatシステムによって輸送されていると推定されたPirin (PirA)とShort-chain dehydrogenase (ScdA)タンパク質をコードしている遺伝子を破壊した変異株を用いてそれらのタンパク質の機能解析を行った.それらの変異株は非浸透圧あるいは浸透圧条件下でも正常な生育がみられ,また,飢餓による分化の誘導により,両変異株は正常な子実体を形成したが,scdA変異株において胞子数は野生株のそれより減少した.pirA変異株における胞子の発芽は非浸透圧あるいは浸透圧条件下において野生株と変化はみられなかった.

The twin-arginine translocation (Tat) system contributes to export of various important proteins for development and growth for Myxococcus xanthus. In this study, two genes encoding putative Tat protein substrates (a Pirin (PirA) and a short chain dehydrogenase (ScdA)) were disrupted by insertion of the kanamycine resistance gene, and the biological function of these proteins were determined. Both mutants showed normal growth in non-osmotic and osmotic condition. When allowed to develop on starvation medium, pirA and scdA mutants formed normal fruiting bodies, however, the spores of scdA mutant were slightly decreased. Under non-osmotic or osmotic-stress, the pirA mutant spores germinated at the same rate as wild-type spores.

著者
著者 Kimura Yoshio
著者(ヨミ) キムラ ヨシオ
著者(別表記) 木村 義雄
著者 Hamanaka Hiroko
著者(ヨミ) ハマナカ ヒロコ
著者(別表記) 浜中 裕子
掲載誌
香川大学農学部学術報告
59
開始ページ
79
終了ページ
83
出版者
香川大学農学部
出版年月日
20070228
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
資料タイプ
紀要論文
言語
英語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.