Agrobacterium-mediated genetic transformation of carnation (Dianthus caryophyllus L.) using leaf explants derived from in vitro plants

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/1328
タイトル
Agrobacterium-mediated genetic transformation of carnation (Dianthus caryophyllus L.) using leaf explants derived from in vitro plants
タイトル(別表記)
In vitroの葉を用いたカーネーションの形質転換
ファイル
内容記述

Genetic transformation of leaf explants from in vitro plants of five carnation genotypes (Killer, Laurella, Master, Setono-Otome, and Tanga) was developed using Agrobacterium tumefaciens AGL0 with pKT3 plasmid consisting of GUS and NPTII genes. Preparation of explants was an important factor to obtain the transformed plants. The GUS-staining area was located only on the cut end of the leaf explants. Only those explants with a cut end close to the leaf base (connecting area between node and leaf) produced GUS-possitive shoots. The transformation efficiency of leaf explants form in vitro plants varied, depending on the genotype and the position of the leaf on a shoot. Cultivar Master produced the highest numbers of GUS-positive shoots followed by Setono-Otome, Tanga, Killer, and Laurella. All the trasformants grew and flowered normally. No visible variation was observed.

5品種のカーネーション(キラー, ローレラ, マスター, セトノオトメ, タンガ)のin vitro植物の葉を用い,形質転換の方法を確立した。agrobacterium AGL0およびプラスミドpKT3 (GUSおよびNPT IIを含む)を用いた。GUSの一過的発現部位は外植体の切り口に限られた。外植体の調整方法が重要であり,葉の基部(葉が茎に付いていた部分)が外植体の下端にある場合のみGUSポジティブなシュートが得られた。上位節ほど再生能力が高く,形質転換効率も高い傾向にあった。形質転換効率は,マスター,セトノオトメ,タンガ,キラー,ローレラの順高かった。得られたカーネーションは正常に生育・開花した。

著者
著者 Nontaswatsri Chalermsri
著者(ヨミ)
著者(別表記)
著者 Fukai Seiichi
著者(ヨミ) フカイ セイイチ
著者(別表記) 深井 誠一
掲載誌
香川大学農学部学術報告
57
開始ページ
15
終了ページ
19
出版者
香川大学農学部
出版年月日
20050215
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
資料タイプ
紀要論文
言語
英語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.