Inhibitory effect on melanin formation by marine bacterial glycosaminoglycan

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/1458
Title
Inhibitory effect on melanin formation by marine bacterial glycosaminoglycan
Title Alternative
海洋細菌のグリコサミノグリカンによるメラニン形成の阻害効果
File
Description

The polysaccharide produced by a marine bacterial strain designated P-21295 was found to be a high molecular weight glycosaminoglycan composed of galactose, galacturonic acid, glucosamine, galactosamine, alanine, and pyruvate, together with N- and O-acetyl groups. This glycosaminoglycan suppressed the melanin formation in mouse B16F10 cells. The effect was dose dependent without any observed impact on the cell proliferation, indicating that this glycosaminiglycan will be a useful candidate of skin whitening cosmetics. Phenotypic and genetic features of the strain P-21295 suggest that this strain belongs to the Gram-negative Cobetia marina in the class Gammaproteobacteria containing the genus Pseudomonas and Vibrio. However, some important phenotypic features of the strain P-21295 differed with those of the type strain C. marina DMS4741.

海洋細菌P-21295株の生産する多糖は, N-やO-アセチル基を持つガラクトース, ガラクツロン酸, グルコサミン, ガラクトサミン, アラニンとピルビン酸から構成される高分子グリコサミノグリカンであることが見出された. このグリコサミノオグリカンはマウスメラノーマB-16F10細胞のメラニン形成を抑制した. その効果は濃度依存的であり, 細胞の増殖にも影響がなかったことから, このグリコサミノグリカンは美白化粧品開発に有用であると考えられた. P-21295株の生理学的および遺伝的性質から, 本菌株は, シュードモナス属やビブリオ属が含まれているガンマプロテオバクテリアクラス内のグラム陰性のCobetia marinaに属することが示唆された. しかしながら, P-21295株のいくつかの重要な生理学的性質は, 基準株であるDMS4741株と異なっていた.

Author
著者 Okazaki Katsuichiro
著者(ヨミ) オカザキ カツイチロウ
著者(別表記) 岡崎 勝一郎
著者 Okutani Koichi
著者(ヨミ) オクタニ コウイチ
著者(別表記) 奥谷 康一
Publication Title
香川大学農学部学術報告
Volume
61
Start Page
39
End Page
45
Publisher
香川大学農学部
Published Date
20090225
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
eng
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.