Myxococcus xanthus CbpC and CbpD containing two cAMP-binding domains are involved in temperature tolerance

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/1459
タイトル
Myxococcus xanthus CbpC and CbpD containing two cAMP-binding domains are involved in temperature tolerance
タイトル(別表記)
cANP結合ドメインを2つ有する粘液細菌Myxococcus xanthus CbpCとCbpDは生育における温度耐性に関与する
ファイル
内容記述

Myxococcus xanthus CbpC and CbpD contained two cAMP binding domains that have partial primary structural similarity to cAMP-dependent protein kinase (PKA) regulatory subunits. cbpC and cbpD mutants, generated by gene disruption, showed normal growth, fruiting body formation, spore formation, and spore germination. However, cbpC and cbpD mutants cultured under high-temperature conditions exhibited a market reduction in growth. In contrast to M. xanthus cbpB mutant, cbpC and cbpD mutant cells were not shown to sensitive to osmotic stress.

Myxococcus xanthus CbpCとCbpDは2つのcAMP結合ドメインを有し、cAMP依存性プロテインキナーゼ(PKA)調節サブユニットと部分的に類似した構造を有する。遺伝子破壊により作製されたcbpCとcbpD変異株は正常な生育、分化(子実体及び胞子の形成)、胞子の発芽が見られた。しかしながら、cbpCとcbpD変異株が高温条件下で培養されると生育の低下が見られた。M. xanthus cbpB変異株と対照的に、cbpCとcbpD変異株細胞は浸透圧ストレスに感受性を示さなかった。

著者
著者 Ishibashi Kouji
著者(ヨミ) イシバシ コウジ
著者(別表記) 石橋 向治
著者 Kimura Yoshio
著者(ヨミ) キムラ ヨシオ
著者(別表記) 木村 義雄
掲載誌
香川大学農学部学術報告
61
開始ページ
47
終了ページ
53
出版者
香川大学農学部
出版年月日
20090225
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
資料タイプ
紀要論文
言語
英語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.