The Occurrence of Eothenomys smithi in Cultivated Fields at the Foot of the Sanuki Range, Shikoku, Japan

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/1666
タイトル
The Occurrence of Eothenomys smithi in Cultivated Fields at the Foot of the Sanuki Range, Shikoku, Japan
タイトル(別表記)
四国・讃岐山脈山麓の農耕地とその周辺部におけるスミスネズミの分布
ファイル
内容記述

Forty-one specimens of Eothenomys smithi were captured on paddy fields dikes, a field of red clover in paddy fields and other cultivated fields at the foot of mountains (altitude 70-350 m) in Shikoku. Among these specimens collected, there were pregnant females, parous females, mature males and young voles. It is likely that the appearence of E. smithi on cultivated fields arose from the absence of Microtus in Shikoku.

1976年11月~'77年4月にかけて, スミスネズミ Eothenomys smithi 計41頭を, 四国の讃岐山脈山麓部(標高70~350m)にある階段状になった水田の堤の斜面, 水田中のレンゲ畑, カン木の生えた放棄水田, 石垣の下部, ミカン畑の縁, ススキ原, およびカン木とシダの生えたマツ林において採集した。これらの標本のなかには, 妊娠雌3頭, 経産雌4頭, 性的成熟雄4頭, および幼獣7頭が含まれていた。上記の耕作地へのスミスネズミの出現は, 四国にハタネズミが棲息しないことによって生じたのかもしれない。

著者
著者 Kaneko Yukibumi
著者(ヨミ) カネコ ユキブミ
著者(別表記) 金子 之史
掲載誌
哺乳動物学雑誌
7
5-6
開始ページ
268
終了ページ
273
出版者
日本哺乳動物学会
出版年月日
197903
NCID
AN00231634
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
英語
権利関係
copyright(C) 1979 日本哺乳類学会
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.