尾瀬地域の Eothenomys (ビロードネズミ属)の同定と分布

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/1697
タイトル
尾瀬地域の Eothenomys (ビロードネズミ属)の同定と分布
タイトル(別表記)
Identification and Vertical Distribution of Two Species of Eothenomys in the Oze District, Northeastern Honshu, Japan
ファイル
内容記述

尾瀬地域で捕獲された Eothenomys (ビロードネズミ属) 37個体を, 外部形態の後足長と尾長の関係図によってヤチネズミ(E. andersoni)とスミスネズミ(E. smithii)の2種に識別した. 尾瀬地域においては, 燧ヶ岳北側の桧枝岐側では標高1150m付近を境として上方にヤチネズミが, 下方にスミスネズミが分布していた. 一方, 燧ヶ岳南側の尾瀬沼側では標高1700m付近でヤチネズミとスミスネズミが混在していた. したがって, スミスネズミの垂直分布の標高は桧枝岐側では尾瀬沼側に比べて約500m低かった.

Thirty-seven Eothenomys specimens collected from the Oze district, Fukushima Prefecture, were identified by the relationship between the hind foot length and the tail length as two species of E. andersoni and E. smithii. As a result of the identification, E. andersoni occurs above 1150m in altitude and E. smithii is distributed below 1150m in the northern area (Hinoemata) of Mt. Hiuchigatake, whereas the both species are distributed at 1700m in the southern area (Ozenuma) of Mt. Hiuchigatake. Thus, the upper limit of the altitudinal distribution of E. smithii is about 500m lower in the northern area than in the sourthern area of Mt. Hiuchigatake.

著者
著者 木村 吉幸
著者(ヨミ) キムラ ヨシユキ
著者(別表記) Kimura Yoshiyuki
著者 金子 之史
著者(ヨミ) カネコ ユキブミ
著者(別表記) Kaneko Yukibumi
著者 岩佐 真宏
著者(ヨミ) イワサ マサヒロ
著者(別表記) Iwasa Masahiro A.
掲載誌
哺乳類科学
39
2
開始ページ
257
終了ページ
268
出版者
哺乳類科学編集部
出版年月日
199912
NCID
AN00231656
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
日本語
権利関係
copyright(C) 1999 日本哺乳類学会
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.