浅海養殖計画水域の海洋環境に関する研究 III 美地島漁場造成にともなうハマチ収容尾数の推定

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/2462
Title
浅海養殖計画水域の海洋環境に関する研究 III 美地島漁場造成にともなうハマチ収容尾数の推定
Title Alternative
Preliminary engineering studies on environmental characteristics of sea area projected for marine culture. III. Estimation of number of fish stocked in the projected fish farm Michijima
File
Description

In order to develop the Michijima area, located on the southern coast of Uwajima Bay, for the cultivation of yellow tail, it has been planned to construct embankments on southern and eastern ends of Michijima to protect the sea area against the seasonal wind. Yellow tail could be reared in a number of net cages floating on the surface of the sea area. We tried to estimate the number of yellow tail stocked in the projected fish farm from a viewpoint of dissolved oxygen budget, using the following equation. ...

宇和島湾の美地島周辺海域に大規模なハマチ養殖場の造成が立案された. 美地島から東方向に 194m の防波堤, 南南西の方向に 180m の防波堤を増築し, その内側の海域(水面積役57.5×10 4 ㎡)を網生簀によるハマチ養殖場として開発しようとする計画である. 今回, この計画された養殖場における収容可能尾数の推定を試みた. 養殖施設における養殖魚の収容可能量は, 通常, 施設内溶存酸素収支の観点から, もっとも合理的に, 決められる. ところで, 施設内溶存酸素収支にかかわる主要項として, (1)海水交流による酸素供給,(2)大気からの酸素溶入, (3)植物性プランクトンの光合成による総酸素生産, (4)海水の化学的, 生物化学的酸素消費, (5)養殖魚の酸素消費, (6)底泥表面における酸素消費, などを考えればよい. したがって, 養殖場内では海水がよく混合されていて, 底泥や海水の溶存酸素収支にかかわる諸過程が場内全体にわたり一様であるとすれば, 養殖場内における平均溶存酸素濃度は次式のように書ける. ...

Author
著者 田中 啓陽
著者(ヨミ) タナカ ヨシアキ
著者(別表記) Tanaka Yoshiaki
著者 井上 裕雄
著者(ヨミ) イノウエ ヒロオ
著者(別表記) Inoue Hiroo
Publication Title
香川大学農学部学術報告
Volume
28
Start Page
103
End Page
109
Publisher
香川大学農学部
Published Date
197703
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.