岩石の風化度の数量的表示法について

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/2465
Title
岩石の風化度の数量的表示法について
Title Alternative
On the numerical expresion of the degree of rock weathering
File
Description

It is well-known fact that physical properties of rock change remarkably with the degree of weathering. Therefore, the degree of rock weathering is important to land reclamation, especially practical construction. In spite of above mentioned importance, traditionally the degree of weathering was mostly expressed empirically, and so in this paper we tried to express it more numerically for practical use. Comparing the methods of Schmidt hammer, N value, Proctor needle, gamma ray and elastic wave with each other, following results are achieved. 1. When there are no economical restrictions, the method of elastic wave is superior than any other methods. 2. Schmidt hammer methods is effective to relatively less weathered rock, therefore it seems more profittable to combine it with N value or Proctor needle method. 3. Gamma ray method can express well the degree of weathering through the density parameter of rock.

風化の程度によって岩石の物理的性質が著しく変化することはよく知られている. 従って風化度は土地造成, 特に施工上重要な問題である. それにもかかわらず風化度はこれまで主として経験的に表わされてきたので, 本論文においてわれわれはこれをより数量的に表わし, 実用に供しようと試みた. シュミットハンマー, N値, プロクターニードル, ガンマ線, 弾性波による方法をそれぞれ比較した結果, 次の結論に達した. 1. 経済的制約がなければ, 弾性波による方法が最もすぐれている. 2. シュミットハンマー法は風化があまり進んでいない岩石に有効であるので, N値やプロクターニードルによる方法と組合せて用いるのが効果的である. 3. ガンマ線法は密度を通じて風化度をよく表すことができる.

Author
著者 斉藤 実
著者(ヨミ) サイトウ ミノル
著者(別表記) Saito Minoru
著者 横瀬 広司
著者(ヨミ) ヨコセ ヒロジ
著者(別表記) Yokose Hiroji
著者 青柳 省吾
著者(ヨミ) アオヤナギ ショウゴ
著者(別表記) Aoyanagi Shogo
著者 山田 宣良
著者(ヨミ) ヤマダ ノリヨシ
著者(別表記) Yamada Noriyoshi
Publication Title
香川大学農学部学術報告
Volume
28
Start Page
135
End Page
141
Publisher
香川大学農学部
Published Date
197703
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.