生鮮野菜類の栽培過程における残留農薬の解毒促進に関する研究 I. 複合ミネラルの施用効果について

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/2470
タイトル
生鮮野菜類の栽培過程における残留農薬の解毒促進に関する研究 I. 複合ミネラルの施用効果について
タイトル(別表記)
Degradation of residual pesticides in soils during vegetable production. I. Effect of mineral complex application in soil
ファイル
内容記述

The investigation reported here was conducted with the purpose of assurance of the safety in vegetable foodstuffs by preventing the accumulation of pesticides into growing plants. From October 1971 to July 1975, the authors investigated the effects of supply of mineral complexes such as Algit and Neohiron on the physical properties of soil, on the growth and quality of vegetables, on the growth or survival of soil microorganisms and on the persistence of organochlorine pesticides (BHC, Aldrin) in the soil. The results obtained were as follows: (1) When the mineral complexes were supplied in the soil, increases in the porosity and in the humus content of soil and improvement of the soil reactions were detected. (2) The good growth of vegetables was observed on the soil fertilized with the minerals so that the yield and quality of them were improved. (3) No significant effect was observed by supply of the minerals on the soil microflora. (4) The decrease in α-BHC content in the soil was accelerated by fertilization with the minerals.

本研究は栽培野菜類への農薬の残留を防止して, 食品としての安全性を確保する目的で行なったものである. 筆者らは1971年10月から1975年7月までの間, 供試複合ミネラルとしてアルギットおよびネオヒロンの施用が, 土壌の理化学生に与える影響, 栽培野菜類の発育・品質に及ぼす影響, 土壌微生物の増殖または生存に与える影響, ならびに施用した有機塩素系農薬(BHC;アルドリン)の土壌中での残留に対する影響などについて追究した. その結果はつぎのとおりである. (1) 土壌に供試複合ミネラルを施用した結果, 土壌の孔隙量, 腐植含量が増加し, 土性の矯正がみられた. (2) 複合ミネラルを施肥することにより, 野菜類の発育がよくなり, 収量の増加と品質の向上がみられた. (3) 土壌微生物相に対する複合ミネラル施用の影響は殆んどみられなかった. (4) 複合ミネラルの施用によって, 土壌中のα-BHCの消失が促進された.

著者
著者 榑谷 勝
著者(ヨミ) クレタニ マサル
著者(別表記) Kuretani Masaru
著者 梅田 裕
著者(ヨミ) ウメダ ユタカ
著者(別表記) Umeda Yutaka
著者 諸岡 信一
著者(ヨミ) モロオカ ノブイチ
著者(別表記) Morooka Nobuichi
著者 田川 清
著者(ヨミ) タガワ キヨシ
著者(別表記) Tagawa Kiyoshi
著者 芳沢 宅美
著者(ヨミ) ヨシザワ タクミ
著者(別表記) Yoshizawa Takumi
著者 水川 邦夫
著者(ヨミ) ミズカワ クニオ
著者(別表記) Mizukawa Kunio
掲載誌
香川大学農学部学術報告
28
開始ページ
169
終了ページ
179
出版者
香川大学農学部
出版年月日
197703
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.