生鮮野菜類の栽培過程における残留農薬の解毒促進に関する研究 II. 有機塩素系農薬の土壌微生物による分解ならびに作物体への吸収・移行について

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/2471
タイトル
生鮮野菜類の栽培過程における残留農薬の解毒促進に関する研究 II. 有機塩素系農薬の土壌微生物による分解ならびに作物体への吸収・移行について
タイトル(別表記)
Degradation of residual pesticides in soils during vegetable production. II. Degradation of organochlorine pesticides by soil microorganisms and translocation of pesticides into vegetables
ファイル
内容記述

The successive investigation has been done to elucidate the effects of mineral complex application soil on the physical properties of soil, on the growth and quality of vegetables and on the growth or viability of soil microorganisms, in relation to the absorption and accumulation of organochlorine pesticides into vegetables. Furtheremore, the investigation was extended to survey on the microorganisms which were able to degrade the organic pesticide of BHC. The results were as follows: (1) As described in the preceding paper, the supply of mineral complexes resulted in increases in the porosity and in the humus content of soil, especially, remarkable results were noted by supply of Algit. (2) When the mineral complexes supplied in the fields cultivated water melons and melons, well growth of the stems and leaves was observed and the yield and the quality of fruits were improved. (3) The population of microorganisms in the soil supplied with the minerals in relatively high amount was higher than that in the non-fertilized soil. The microorganisms having abilities or removal of α-and γ-BHC from the liquid culture medium were frequently isolated but those of β-BHC were rare. Detailed experiments employing the high potent strains showed that the bacterial strain might degrade α- and γ-BHC to less chlorinated compounds through dehydrochlorination, whereas the fungal strain absorbed the BHC isomers on its mycelial mat and hardly degraded them. (4) The supply of the mineral complexes in soil did somewhat inhibit absorption of BHC isomers into radish roots but stimulated transfer of the absorbed isomers to other parts of radish.

前報に引続いて, 複合ミネラル施用が, 土壌の理科学性, 栽培野菜類の発育と品質, および土壌微生物の活性に及ぼす影響について, 検討を加えるとともに, 有機塩素系農薬の野菜類への吸収・蓄積との関連を追及した. さらにBHCの分解能を持つ微生物の検索へと研究を展開させた. 結果はつぎのようである. (1) 前報と同様に, 複合ミネラルを施用することにより, 土壌の孔隙量と腐植含量の増加がみられた. このことは, とくにアルギットの施用により顕著であった. (2) スイカ, メロン栽培の畑に複合ミネラルを施用すると, 茎葉の健全な発育ならびに, 果実の収量と品質の向上がみられた. (3) 比較的多量の複合ミネラルを施用した土壌の微生物数は, 無施用土壌のそれよりも多かった. 液体培養によろα-とγ-BHCの分解能をもつ微生物はかなり頻繁に見出される. しかしβ-BHCを分解するものは希であった. 選定菌株による実験では, 細菌の場合α-およびγ-BHCを脱塩化水素反応によって分解するものと考えられたが, かびではBHCを菌体に吸着するが, 殆んど分解しないことが判った. (4) 複合ミネラルを施用すると供試作物(ダイコン)へのBHC異性体の吸収が幾分阻害されるが, これら異性体の根からの他の部分への移行は逆に促進された.

著者
著者 榑谷 勝
著者(ヨミ) クレタニ マサル
著者(別表記) Kuretani Masaru
著者 梅田 裕
著者(ヨミ) ウメダ ユタカ
著者(別表記) Umeda Yutaka
著者 諸岡 信一
著者(ヨミ) モロオカ ノブイチ
著者(別表記) Morooka Nobuichi
著者 田川 清
著者(ヨミ) タガワ キヨシ
著者(別表記) Tagawa Kiyoshi
著者 芳沢 宅美
著者(ヨミ) ヨシザワ タクミ
著者(別表記) Yoshizawa Takumi
著者 水川 邦夫
著者(ヨミ) ミズカワ クニオ
著者(別表記) Mizukawa Kunio
掲載誌
香川大学農学部学術報告
28
開始ページ
181
終了ページ
193
出版者
香川大学農学部
出版年月日
197703
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.