植物葉の低温灰化像におけるシュウ酸カルシウムの観察

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/2484
タイトル
植物葉の低温灰化像におけるシュウ酸カルシウムの観察
タイトル(別表記)
Observations of calcium oxalate crystals in low-temperature ashed patterns of plant leaves
ファイル
内容記述

The low-temperature asher (Model LTA-504) gently removed organic matrices from tomato leaves preserving mineral microstructures. Clustered crystals of calcium oxalate with diameter about 10-40μ were observed in the ashed tomato leaves. This calcium oxalate was the monohydrate Ca(COO)2・H2O. Observations of calcium oxalate crystals in ashed leaves of several plants were also carried out. Clustered crystals were observed in spinach. White clover was characterized by solitary crystals deposited along the vein. No crystal found in lettuce, daikon-radish, Chinese cabbage, and leaf mustard.

トマト植物の乾燥葉粉末および新鮮葉を用いて, 低温灰化装置による植物組織の最適灰化条件を検討した. 4チャンバー当り高周波出力50W, 空気流量50ml/min, 圧力1mmHgで良好な灰化像が得られた. 灰化像の顕微鏡観察によって, トマト葉中にはシュウ酸カルシウムが直径10?14μm程度の集晶をなして存在することを認めた. この結晶は1水塩であった. 他の数種植物についても灰化像中のシュウ酸カルシウムを観察したが, ホウレンソウにはトマトと同じ集晶が, ホワイトクローバーには葉脉に沿って単晶が認められたが, レタス, ダイコン, ハクサイおよびカラシナにはいずれの結晶も認められなかった。

著者
著者 星川 玄児
著者(ヨミ) ホシカワ ゲンジ
著者(別表記) Hoshikawa Genji
著者 藤井 正也
著者(ヨミ) フジイ マサヤ
著者(別表記) Fujii Masaya
掲載誌
香川大学農学部学術報告
29
1
開始ページ
91
終了ページ
98
出版者
香川大学農学部
出版年月日
197709
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.