トマトの追熟におよぼすポリエチレンフィルム包装の影響

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/2503
タイトル
トマトの追熟におよぼすポリエチレンフィルム包装の影響
タイトル(別表記)
Effects of polyethylene film package on the ripening of tomatoes.
ファイル
内容記述

When tomato fruit was paked with polyethylene film, the ripening was retarded as thickness of the film, number of the fruit and the fuit size in the package increased, but it was inversely propotional to size of the film and air volume in the package. The atmosphere of 3-4% carbon dioxide and 10-11% oxygen concentration in the package seemed to be optimum condition for the control of the ripening of tomatoes.

トマトをポリエチレン袋で包装して密封すると, 追熟の進行の抑制にフィルムの厚さ, 包装果実量, 果実の大きさが比例し, フィルムの表面積, 袋内空気量が反比例した. そして袋内の炭酸ガスが3?4%, 酸素が10?11%がもっとも適当なガス組成のようであった.

著者
著者 北川 博敏
著者(ヨミ) キタガワ ヒロトシ
著者(別表記) Kitagawa Hirotoshi
著者 川田 和秀
著者(ヨミ) カワダ カズヒデ
著者(別表記) Kawada Kazuhide
著者 谷 利一
著者(ヨミ) タニ トシカズ
著者(別表記) Tani Toshikazu
著者 樽谷 隆之
著者(ヨミ) タルタニ タカユキ
著者(別表記) Tarutani Takayuki
掲載誌
香川大学農学部学術報告
29
2
開始ページ
269
終了ページ
275
出版者
香川大学農学部
出版年月日
197803
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.