山地流域の洪水流出に関する研究

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/2510
タイトル
山地流域の洪水流出に関する研究
タイトル(別表記)
Studies on flood run-off from mountainous drainage area
ファイル
内容記述

The flood run-off from rivers is due to the surface flow over hill slope in the drainage area and the channel flow through river course. Especially for medium and small rivers or valleys, the surface flow is considered as the major part of the flood run-off. In this field, the Kinematic wave method has been developed, but the equivalent-roughness of hill slope in it has no definition standard through out Japan, and that is the most important theme at the present time. The experiments on canals etc. have been tried for the theme so far. In this study, a new procedure using hydrological data of disaster prevention dam is proposed for estimation of the equivalent-roughness of hill slope. Namely, the rainfall-arrival-time of surface flow is calculated from rainfall routing by a computer, and then the equivalent-roughness is estimated by the Kinematic wave method. This procedure is, accordingly, applied to Tonogawa dam in Shodo Island and Maeyama dam in Kagawa prefecture, and these values are N=0.18?0.23m-1/3 sec and N=0.24?0.31m-1/3 sec, respectively. The values of these typical mountains in Kagawa prefecture give some references for the definition standard through out Japan and would be worthily used for the disaster prevention plans in Kagawa prefecture.

河川の洪水流出は, 流域の山腹斜面上を流れる地表流と河道を流下する河道流に分けられ, とくに, 中小河川, 渓流においては, 地表流が, その大部分を支配しているものと考えられる. この分野の研究には, Kinematic wave法の研究が発展しているが, このうちで, 山腹斜面の等価粗度係数については, 現在, 全国的にその決定基準もなく, もっとも重要な研究課題となっている. 従来, この研究については, 人工水路を用いた実験などが行われてきている. 本研究においては, この山腹斜面の等価粗度係数を現地の防災ダムの水文資料を用い解析することにした. すなわち, 地表流の雨水到達時間は, 雨水流出追跡を電子計算機で解析し, 等価粗度係数については, Kinematic wave法を適用, 解析する新しい手法を提唱することにした. そして, 香川県においては, 小豆島の殿川ダムと本土の前山ダムを選び, 殿川ダムは, N=0.18?0.23m-1/3sec, 前山ダムは, N=0.24?0.31m-1/3secとなることを究明した. これらの値については, 香川県の山地を代表するもので, 全国的な決定基準の一資料ともなり, また, 香川県の今後の防災計画に, 貴重な値として用いられることを確信する.

著者
著者 鎌田 萬
著者(ヨミ) カマダ タカシ
著者(別表記) Kamada Takashi
掲載誌
香川大学農学部学術報告
29
2
開始ページ
355
終了ページ
365
出版者
香川大学農学部
出版年月日
197803
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.