暗キョ排水の機能増進に関する研究 VIII. 暗キョ排水間隔の決定

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/2534
タイトル
暗キョ排水の機能増進に関する研究 VIII. 暗キョ排水間隔の決定
タイトル(別表記)
Studies of enlarged property of underdrainage. VIII. Determination of drain spacing
ファイル
内容記述

We have many methods to determine the spacing between drain tubes of the underdrainage. The author examined several experiential and theoretical methods, and then partly modified these methods. In case of the lowering of the groundwater table by underdrainage, the author proposed a new coefficient, a seepage coefficient ""u"", since ""f"" (porosity of the soil, drainable pore space) by using the theoretical methods has a drawback. As already shown in the last report, the value ""u"" is transformed by the lowering of the groundwater table stored in the pores of the soil with the gravitational water. Table 9 shows the spacings between drain tubes of the underdrainage, we showed how to calculate the spacings under the specified hydraulic conditions.

暗キョの間隔を決定するとき単位地下排水量Q/Lを一定とする場合(暗キョ排水量からの検討)とある水位まで排水時間Tを一定とする場合(地下水位低下速度からの検討)がある. 前者の考えに近いものとしてSCHRODERの表があり, 後者には著者の誘導式やTOKSOZ and KIRKHAM, DELACROIXの式などがある. SLATERによる値や深さの10?15倍によって求める場合はQ/L, Tがそれぞれ一定の場合の中間的関係にある. このことについては間隔比の検討において報告する. なお, 著者の誘導式は前回報告した浸出係数uの応用である. また, 暗キョ排水の間隔の決定には経験的なものと理論的なものとがあり, 理論的なものの中にも定常と非定常の2つの条件があるが本報告の誘導式は非定常なものであって浸出係数から求める方法である. 本報告は暗キョ排水吸水管の間隔を決定する諸式の簡単な紹介と誘導式について説明を加え, 同一条件のもとでの暗キョ間隔の計算を示して比較した.

著者
著者 田地野 直哉
著者(ヨミ) タジノ ナオヤ
著者(別表記) Tajino Naoya
掲載誌
香川大学農学部学術報告
30
2
開始ページ
197
終了ページ
213
出版者
香川大学農学部
出版年月日
197903
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.