暗キョ排水の機能増進に関する研究 IX. 暗キョ排水の間隔比

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/2541
タイトル
暗キョ排水の機能増進に関する研究 IX. 暗キョ排水の間隔比
タイトル(別表記)
Studies of enlarged property of underdrainage. IX. The spacing ratio of underdrainage
ファイル
内容記述

SCHLFGAADE, KIRKHAM and FREVERT used the spacing ratio in order to compare an actual spacing value with the calculated one for tile drains. KIRKHAM and DE ZEEUW also used the spacing ratio in order toe examine WALKER'S equation. It is the same in the case of MANSON. The author made a comparative study of the spacing ratio which he calculated from the theoretical and empirical equations which determine a tile spacing. As a result, the author proposed that the appropriate equations to determine a tile spacing should be the ones of the numbers (10)?(14), (3)?(7), and (18) in the literature (2), and equations of SLATER, TOKSOZ and KIRKHAM'S drain spacing nomograph, HOOGHOUDT and WALKER. The use of the spacing ratio enables us to determine tile spacings that vary with depth.

本報告で使われる間隔比(ratio of spacings)とは暗キョ排水の深さ別間隔の値について, ある基準深さ例えば深さ1mのときの間隔を1として他の各深さの間隔値を比率で示したものである. 暗キョ排水間隔の決定には多くの理論式, 経験式がある. 本報告はこれら諸式から得られる間隔比を同一水理条件において比較したもので, これと関連してつぎのことも報告する. 土性の違いによる暗キョの深さ別間隔について示したSCHROEDERの結果(後記するTable2)の中に北海道の泥炭の場合における調査例を参考にして同表にはめ込むために著者は間隔比を使った. このことについては既に発表した報告, 文献(2)のTable2に示した. また, MODIFID DELACROIX'S eq. を求める過程で深さの補正値として間隔比を使った.

著者
著者 田地野 直哉
著者(ヨミ) タジノ ナオヤ
著者(別表記) Tajino Naoya
掲載誌
香川大学農学部学術報告
31
1
開始ページ
49
終了ページ
58
出版者
香川大学農学部
出版年月日
197909
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.