温州ミカンの生理的落果におよぼすしゃ光および植物ホルモン処理の影響

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/2577
タイトル
温州ミカンの生理的落果におよぼすしゃ光および植物ホルモン処理の影響
タイトル(別表記)
The effect of shading and growth hormone on physiological dropping of Satsuma mandarin fruits
ファイル
内容記述

Effects of shading and phytohormon application on the physiological fruit drop were investigated for Satsuma mandarin in 1977 and 1979. The peak of second stage of the fruit drop occurred from the late of June to the early of July. The shading of the tree by black cheesecloth for three times, ten days at each with days intervals, during the second fruit drop stage affected setting severly. Application with 500 ppm gibberellin for these shaded and non-shaded trees increased fruit ste to large extent. On the contrary, application with 500 ppm abscicic acid promoted fruit drop, and that with 50 ppm ethrel resulted in the drop of almost all fruits. It is suggested from these experiments that the physiological dropping of Satsuma mandarin would be caused not only by the carbohydrate level but also by the endogenous hormon balance in the fruit.

温州ミカンの生理的落葉に対するしゃ光および植物ホルモン処理の影響について, 試験を行なった. 第2次生理的落果のピークは落果初期(6月下旬?7月上旬)に現われた. この落果期間中に時期を異にして, 黒色カンレイシヤで10日間のしゃ光を行をったところ, いずれの時期とも, 落果をいちぢるしく促進した. このしゃ光樹と無しゃ光樹の果実に対する, GA500?1,000ppm水溶液の塗布または散布は落果をかなり抑制, ABA500?1,000ppm水溶液の塗布は落果をかなり促進し, Ethrel 50ppm水溶液の塗布はいちぢるしく促進した. これらのことから, 温州ミカンの生理的落果は果実中の炭水化物量だけでなく, 内生ホルモンのバランスにも起因することが考えられる.

著者
著者 真部 桂
著者(ヨミ) マナベ カツラ
著者(別表記) Manabe Katsura
著者 文室 政彦
著者(ヨミ) フムロ マサヒコ
著者(別表記) Humuro Masahiko
著者 葦澤 正義
著者(ヨミ) アシザワ マサヨシ
著者(別表記) Ashizawa Masayoshi
掲載誌
香川大学農学部学術報告
32
2
開始ページ
167
終了ページ
173
出版者
香川大学農学部
出版年月日
198103
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.