Fusarium属菌によるd,l-シリンガレジノールの分解について

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/2579
Title
Fusarium属菌によるd,l-シリンガレジノールの分解について
Title Alternative
Degradation of d, l-syringaresinol by Fusarium spp.
File
Description

It was found that the intact cells of Fusarium spp. remarkably degraded d, l-syringaresinol. The intracellular and constitutive enzyme participated in the degradation was partially purified by gel filtration on Sephadex G-100 and G-150, and DEAE-Gellullose column chromatography. The enzyme preparation oxidized phenols such as guaiacol, syringaldazine, cathecol and pyrogallol but not oxidized phenol and tryrosine. The enzyme activity was not affected by the addition of hydrogenperoxide. This enzyme was assumed to be a laccase type enzyme. It was assumed that oxidative degradation of d, l-syringaresinol was caused by the enzyme.

Fusarium 属菌の洗浄菌体がd, l-シリンガレジノールを分解することを見出した. 分解に関与する酵素は菌体内に存在する構成酵素であることが明らかとなった. 本酵素をSephadexG-100, G-150によるゲルろ過およびDEAE-Celluloseカラムクロマトグラフィーにより部分精製してその諸性質について検討した. 本酵素標品はグワヤコール, シリンガアルダジン, カテコール, ピロガロールなどのフェノール類を酸化したが, フェノールおよびチロシンなどを酸化しなかった. 本酵素の活性に対してH2O2は全く効果を示さなかった. 本酵素標品はd, l-シリンガレジノールを酸化的に分解した. この分解反応は本酵素標品中のラシカーゼよるものであると推定した.

Author
著者 岩原 章二郎
著者(ヨミ) イワハラ ショウジロウ
著者(別表記) Iwahara Shojiro
著者 賀岡 英樹
著者(ヨミ) カオカ ヒデキ
著者(別表記) Kaoka Hideki
Publication Title
香川大学農学部学術報告
Volume
33
Issue
1
Start Page
7
End Page
14
Publisher
香川大学農学部
Published Date
198110
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.