土壌物理実験結果の現地への適用性に関する研究 (II) コンシステンシーの現地測定について

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/2596
Title
土壌物理実験結果の現地への適用性に関する研究 (II) コンシステンシーの現地測定について
Title Alternative
Studies on the field applicability of the experimental results on physical properties of the soil (II) On the measurement of the consistency of the soil in situ
File
Description

Measurement of consistency of the soil in situ is regarded as one of the useful methods to improve the applicability of experiment to the field. In this paper, we researched the applicability of fallcorn method for the measurement of consistency in situ and following results are achieved : (1) The moisture content of F = 10 mm, gained by fallcorn method, is in satisfactry agreement with the moisture content of LL by JIS method. Though some scatterings exist in the PL value, F = 2 mm is gained as the approximate value. (2) Correlation between in situ and laboratory measurement of fallcorn method is achieved at the 5% level of significance. Based on the above mentioned conclusinos, the manual for the measurement of soil consistency in situ with fallcorn method is illustrated by flow chart. The measurement with fallcorn method seems to gain exact results when the soil is kneaded over sufficiently.

土壌のコンシステンシー試験結果の現地への適用性を高めるための一手段として, 現地測定が考えられる. 本論文ではフォールコーン法によって, 土壌のコンシステンシーの現地測定を行うことを試みた. その結果以下の事柄が判明した. (1) フォールコーン法による測定値は, LLに対してはF=10mmで良好な一致をみせた. また, PLに対しては, 測定値にややバラツキがみられたが, 近似値としてF=2mmを得た. (2) フォールコーン法の現地測定と室内測定との間には, 5%以下の有意水準の下に相関が得られた. これらの結果をもとにして, フォールコーン法による土壌のコンシステンシーの, 現地測定に関するマニュアルをフローチャートで示した. フォールコーン法による測定は, 土壌が十分にねり返されていれば適正な結果が得られるものと考える.

Author
著者 梅田 裕
著者(ヨミ) ウメダ ユタカ
著者(別表記) Umeda Yutaka
著者 山田 宣良
著者(ヨミ) ヤマダ ノリヨシ
著者(別表記) Yamada Noriyoshi
Publication Title
香川大学農学部学術報告
Volume
33
Issue
2
Start Page
127
End Page
131
Publisher
香川大学農学部
Published Date
198203
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.