食道がんで胃ろう造設後に化学放射線療法を受けた患者の胃ろうに対する思い

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/27400
タイトル
食道がんで胃ろう造設後に化学放射線療法を受けた患者の胃ろうに対する思い
タイトル(別表記)
Perceptions of a gastric fistula in patients with esophagus cancer who received chemoradiotherapy after gastrostomy
ファイル
内容記述

 食道がんで胃ろう造設後に化学放射線療法を受けた患者の胃ろうに対する思いについて明らかにすることを目的として研究を行った.研究参加者は研究の同意を得られた食道がん患者6 名であり,半構成的面接法を用いてデータを収集し,内容分析を行った.その結果,【治療を継続するため胃ろうは必要なもの】【胃ろうは容易なもの】【胃ろうは自分で管理できるもの】【経口摂取ができれば胃ろうは必要のないもの】の4 つのカテゴリーを抽出した.
 研究参加者はがんを治したいという思いがあり,そのためには治療を続けなければならず,胃ろうは治療に必要なものとして考え,日常的に胃ろうを使っていた.胃ろうを造設した後も違和感はなく,胃ろうを受け入れることができていた.また胃ろうの管理も容易であり日常生活の一部として管理できるという思いがあった.一方で副作用が出現した場合に食事の摂り方を工夫することで胃ろうに頼ることなく治療を続けたいと考えていた.そして経口摂取が可能な場合は胃ろうは必要ないと考えていた.患者が治療を継続するため主体的に入院生活を送ることができるよう患者の思いを尊重し,個別的な援助を行うことが必要である.

 The purpose of the study was to clarify the perceptions of a gastric fistula in patients with esophagus cancer who received chemoradiotherapy after gastrostomy. The subjects were 6 patients with esophagus cancer who consented to participate in the study. Data was obtained through semi-structured interviews for content analysis. Four categories were identified in relation to the patients’ perceptions of a gastric fistula as: “necessary to continue treatment”; “usable”; “maintainable by themselves”; and “unnecessary if they can ingest orally”.
 The participants, hoping to cure cancer, considered that they must continue treatment. The gastric fistula was routinely used because it was seen as necessary for treatment. They did not have discomfort after gastrostomy and thus accepted its use. They also found that the maintenance of a gastric fistula was easy enough to do as a part of daily life. On the other hand, if side effects should occur, they hoped to continue treatment without relying on the gastric fistula, by devising methods for food intake. Furthermore, they perceived that a gastric fistula is unnecessary if they can take food orally. It is necessary to provide patients with individual supports, showing respect to each patient’s feelings, and enable them to take initiatives during the hospital stay to continue treatment.

著者
著者 湯浅 敦子
著者(ヨミ) ユアサ アツコ
著者(別表記) Yuasa Atsuko
著者 大森 美津子
著者(ヨミ) オオモリ ミツコ
著者(別表記) Omori Mitsuko
著者 西村 美穂
著者(ヨミ) ニシムラ ミホ
著者(別表記) Nishimura Miho
掲載誌
香川大学看護学雑誌
掲載誌(別表記)
Nursing journal of Kagawa University
15
1
開始ページ
9
終了ページ
16
出版者
香川大学医学部看護学科
出版年月日
2011-03-31
ISSN
1349-8673
NCID
AA12029628
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.