対話による認知症高齢者の自律神経系への影響

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/27402
タイトル
対話による認知症高齢者の自律神経系への影響
タイトル(別表記)
Effect of dialogue on autonomic nervous system of elderly people with dementia
ファイル
内容記述

 認知症高齢者と健常者が対話を行う際に,話しの受け手である認知症高齢者の自律神経系にどのような影響があるのかを評価することが目的である.調査協力者はA 介護老人保健施設に入所している認知症高齢者14 名(平均年齢89.43 ± 3.98 才,男性2 名女性12 名,長谷川式簡易知能評価スケールの平均得点は11.79 ± 4.37 点)である.調査協力者と研究者が対話を行い,対話前後の収縮期血圧,拡張期血圧,脈拍,唾液アミラーゼ活性値,体温,SpO2 を測定した.心電図は実験開始とともに記録を開始し,実験終了まで継続して記録した.全ての指標で有意差はみられなかった.しかし,対話前後で唾液アミラーゼ活性値が9 名で低下していた.交感神経機能の指標であるLF/HF は4 名で対話中に上昇し,対話後に低下していた.副交感神経機能の指標であるHF は5 名で対話中に減少していた.認知症高齢者との対話の効果を評価するための生理評価指標として,唾液アミラーゼ活性値,LF/HF が挙げられる資料を得たと考えられた.また日中に効果的な対話を行うことは,認知症高齢者の自律神経活動を,日中は交感神経活動が優位で夜間は副交感神経活動が優位に働くという健常者に類似した自律神経活動に誘導する一助となる資料を得たと考えられた.

 The purpose of this study was to evaluate the effect of dialogue on the autonomic nervous system (dialogue system) in elderly people with dementia. The subjects were 14 aged people with dementia staying in the “A” nursing institution (The average age: 89.43±3.98; 2 males and 12 females; average Hasegawa’s Dementia Scale-R score: 11.79±4.37). Systolic blood pressure, diastolic blood pressure, pulse rate, salivary amylase, body temperature, and pulse oxygen saturation were measured before and after dialogue system. Heart rate variability was measured throughout the experiment. No changes were observed in any of the measures. However, 9 subjects’ salivary amylase activity decreased after the dialogue system. The low frequency (LF)/ high frequency (HF) ratio increased during the dialogue system and decreased after the dialogue system in 4 subjects. Five subjects’ had HF ratios as parasympathetic nerve function during the dialogue system. It was suggested that salivary amylase activity and LF/HF could be useful to assess the effectiveness of the dialogue system in elderly people with dementia. Moreover, it was suggested that to implement an effective dialogue system during the daytime might be a useful way to induce normal autonomic nervous activity.

著者
著者 千葉 進一
著者(ヨミ) チバ シンイチ
著者(別表記) Chiba Shin-ichi
著者 渡部 生聖
著者(ヨミ) ワタナベ ナリマサ
著者(別表記) Watanabe Narimasa
著者 谷岡 哲也
著者(ヨミ) タニオカ テツヤ
著者(別表記) Tanioka Tetsuya
著者 岩佐 幸恵
著者(ヨミ) イワサ ユキエ
著者(別表記) Iwasa Yukie
著者 大坂 京子
著者(ヨミ) オオサカ キョウコ
著者(別表記) Osaka Kyoko
著者 安原 由子
著者(ヨミ) ヤスハラ ユウコ
著者(別表記) Yasuhara Yuko
著者 友竹 正人
著者(ヨミ) トマタケ マサヒト
著者(別表記) Tomotake Masahito
著者 川西 千恵美
著者(ヨミ) カワニシ チエミ
著者(別表記) Kawanishi Chiemi
著者 小笠原 坦
著者(ヨミ) オガサワラ ヒロシ
著者(別表記) Ogasawara Hiroshi
著者 三船 和史
著者(ヨミ) ミフネ カズシ
著者(別表記) Mihune Kazushi
著者 大森 美津子
著者(ヨミ) オオモリ ミツコ
著者(別表記) Omori Mitsuko
掲載誌
香川大学看護学雑誌
掲載誌(別表記)
Nursing journal of Kagawa University
15
1
開始ページ
27
終了ページ
33
出版者
香川大学医学部看護学科
出版年月日
2011-03-31
ISSN
1349-8673
NCID
AA12029628
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.