看護基礎教育におけるSST の効果とプログラムの検討

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/27408
タイトル
看護基礎教育におけるSST の効果とプログラムの検討
タイトル(別表記)
Assessing the Effectiveness of Social Skills Training (SST) and Training Programs for Basic Nursing Eeducation
ファイル
内容記述

 本研究の目的は,第1 に,看護学生を対象とした社会的スキル・トレーニング(Social Skills Training; 以下SST と表記)を実施し,社会的スキルの3 か月後における学習効果を検討する.第2 に,セッション毎の感想と演習評価から,SST の効果とトレーニングプログラムの関係について検討することである.本研究では,社会的スキルの向上を目指した効果的な教育プログラムの開発に向けて,看護学生1 年生24 名(男性5 名: 平均年齢20.0 歳・女性18 名:平均年齢20.3 歳)を対象に,13 セッションのSST を実施した.社会的スキルは,KiSS-18 を用いてセッション前と3 か月後の評価を行った.その結果,社会的スキルの下位尺度である感情処理のスキル得点が上昇していた(p =.09).また,効果とプログラムの関係では「コミュニケーションとは・非言語的コミュニケーション」と「アサーションスキル(I メッセージ・ポジティブな言い換え)」の2 つのプログラムで社会的スキル得点が上昇していた(F (1,18)=5.58, p <.05, F (1,20)=5.88,p <.05).感想は,「初めての体験だった.自分の普段気づかずに過ごしている,何気ない場面を振り返ることができてとても勉強になった」や「怒りのコントロールがうまくなった気がする,他者とコミュニケーションをとる時に,勉強したのだからと自信が持てるようになった」等であった.以上から,SST は看護基礎教育における社会的スキルの向上に効果的な教授モデルであり,非言語的コミュニケーションとアサーションスキルは,SST の効果的なプログラムであることが示唆された.

 This study first aimed to assess the educational effectiveness of Social Skills Training (SST) three months after it was provided to nursing students. Secondly, this study aimed to assess the effectiveness of training programs conducted during SST from studentsfeedback for each session and their evaluation of the seminar. The SST executed in this study was comprised of 13 sessions, attended by 24 first-year nursing students (5 males: mean age 20.0 years; and 18 females: mean age 20.3 years). The purpose of the SST was to develop an effective educational program designed to improve social skills. The students' social skills were assessed using Kikuchi's Social Skill Scale (KiSS-18) before initiation of the sessions and three months after sessions were completed.
 Results revealed that students' scores related to emotional self-control, a subscale for assessing social skills, increased (p=.09). Regarding the effectiveness of each program, students' social skills scores increased after participating in the following two programs: "An introduction to communication and non-verbal communication" and "Assertive communication skills (I-message and positive rephrasing)" (F (1, 18) = 5.58, p<.05, F (1, 20) = 5.88, p<.05). The students' feedback included comments, such as "This new experience prompted me to review issues in my daily life with a new perspective" and "It has helped me control my anger
more effectively. With this knowledge, I can communicate with other people more confidently". Results of this survey suggest that SST is an effective teaching model in basic nursing education for improving social skills, and that programs focusing on non-verbal communication and assertive communication skills are effective in SST.

著者
著者 高山 蓮花
著者(ヨミ) タカヤマ レンカ
著者(別表記) Takayama Renka
著者 谷本 公重
著者(ヨミ) タニモト キミエ
著者(別表記) Tanimoto Kimie
著者 笠井 勝代
著者(ヨミ) カサイ カツヨ
著者(別表記) Kasai Katsuyo
著者 森 津太子
著者(ヨミ) モリ ツタコ
著者(別表記) Mori Tsutako
掲載誌
香川大学看護学雑誌
掲載誌(別表記)
Nursing journal of Kagawa University
16
1
開始ページ
29
終了ページ
37
出版者
香川大学医学部看護学科
出版年月日
2012-03-01
ISSN
1349-8673
NCID
AA12029628
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.