精神科アウトカム管理システム:PSYCHOMS® の開発とその課題

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/27414
Title
精神科アウトカム管理システム:PSYCHOMS® の開発とその課題
Title Alternative
Uses of the Electronic Nursing Management System, PSYCHOMS®, in Psychiatric Hospitals : Process, Current State, and Future Development
File
Description

 2006 年よりコンピュータによる看護管理システム:Psychiatric Outcome Management System(PSYCHOMS®,登録商標,高坂要一郎ほか)を開発し,クリニカルパス(以下,CP)に基づくチームケアの成果(アウトカム)管理を行うことで,看護管理者の役割の一部を支援する研究を続けてきた.本システムは現在,A 県B 精神科病院で臨床試用されている.
 コンピュータを用いたCP のアウトカム管理を行うためには,多職種のケア内容をコンピュータに入力し,自動的に管理し,各職種が使いやすく作成することが重要となる.本システムは多職種が使用し,院内での患者アウトカムの統一ができ,情報共有が容易になる.特徴として,①コンピュータによるCP の管理,②多職種による患者アウトカムの管理,③バリアンスの蓄積や解析,④看護日誌システム,看護計画システムと看護管理支援システム(看護管理に必要な情報の分析)の装備,の4 点があげられる.今後の課題として,(1)PSYCHOMS® に具備する機能の標準化ための全国調査,(2)標準化されたPSYCHOMS® の開発および商品化のための継続研究がある.それにより,他の精神科病院で本システムの使用が可能になると考えられる.

 The purpose of this article is to introduce the development process, mechanism, and functions of the PSYCHOMS® (Psychiatric Outcome Management System). Also, it reports on agenda for commercialization of research achievement of the PSYCHOMS® (regis-tered trademark, Takasaka et al.). Our team has been developing the PSYCHOMS® since 2006. This system has four major components: (1) clinical pathway and variance analyzing system, (2) nursing manager and staff's daily recording system, (3) nursing care planning system, and (4) nursing management support system. Also, any interdisciplinary team member can access the patient's information using this system. Therefore, each interdisciplinary team member's expertise can be utilized maximally for the patient's benefit and for improved total outcomes. It was then necessary to conduct a survey on what standard items were common in these hospitals for data base of the PSYCHOMS®. As future research problem using PSYCHOMS®, in order to improve psychiatry service, it is necessary to develop the database common to each psychiatric hospital.

Author
著者 大坂 京子
著者(ヨミ) オオサカ キョウコ
著者(別表記) Osaka Kyoko
著者 川村 亜以
著者(ヨミ) カワムラ アイ
著者(別表記) Kawamura Ai
著者 千葉 進一
著者(ヨミ) チバ シンイチ
著者(別表記) Chiba Shinichi
著者 谷岡 哲也
著者(ヨミ) タニオカ テツヤ
著者(別表記) Tanioka Tetsuya
著者 安原 由子
著者(ヨミ) ヤスハラ ユウコ
著者(別表記) Yasuhara Yuko
著者 任 福継
著者(ヨミ)
著者(別表記) Ren Fuji
著者 冨士 翔子
著者(ヨミ) フジ ショウコ
著者(別表記) Fuji Shyoko
著者 川西 千恵美
著者(ヨミ) カワニシ チエミ
著者(別表記) Kawanishi Chiemi
著者 高坂 要一郎
著者(ヨミ) タカサカ ヨウイチロウ
著者(別表記) Takasaka Yoichiro
著者 三船 和史
著者(ヨミ) ミフネ カズシ
著者(別表記) Mifune Kazushi
著者 大森 美津子
著者(ヨミ) オオモリ ミツコ
著者(別表記) Omori Mitsuko
Publication Title
香川大学看護学雑誌
Publication Title Alternative
Nursing journal of Kagawa University
Volume
16
Issue
1
Start Page
85
End Page
91
Publisher
香川大学医学部看護学科
Publisher Aalternative
School of Nursing, Faculty of Medicine Kagawa University
Published Date
2012-03-01
ISSN
1349-8673
NCID
AA12029628
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.