同一LAI条件におけるマルチ下地温の変化

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/27416
タイトル
同一LAI条件におけるマルチ下地温の変化
タイトル(別表記)
Soil Temperature Changes beneath Film Mulches in plots with the same LAI condition
ファイル
内容記述

The purpose of this paper was to clarify the effects of vegetation and mulch on the soil temperature under the same leaf area index (LAI) conditions (LAI=1.0), but with different vegetation structures. Under the same LAI condi¬tions, the soil temperature at 6:00 a.m. in non‒mulched plots was higher when plant coverage was higher. In mulched plots, the soil temperature was higher when plant coverage was lower. In non‒mulched plots at 15:00, the soil tem¬perature was higher when plant coverage was lower. The same tendency was also observed in mulched plots. The soil temperature differences depending on vegetation structures were smaller in plots with lower plant coverage. This tendency was particularly obvious in mulched plots. As for the combined effects of the mulch and vegetation, mulch obviously affected the soil temperature. Mulched vegetation almost constantly suppressed the soil temperature.

本実験では,マルチ栽培の植被とマルチが地温に及ぼす影響を,同一葉面積指数(LAI=1.0)条件下における植被構造の違いから明らかにすることを目的とした.
同一LAI下において,6時地温の無マルチ下では植被率が大きいほど高地温となった.マルチ下では植被率が小さいほど高地温となった.15時地温の無マルチ下では,植被率が小さいほど高地温となり,マルチ下でも同じ傾向となった.植被率が小さいほど植被構造の違いによる地温差は小さく,マルチ下では特に顕著となった.マルチと植被の複合効果では,マルチの地温効果が顕著にみられ,植被による地温上昇の抑制はマルチ被覆によって期間を通してほぼ一定となった.

著者
著者 新谷 康介
著者(ヨミ) シンンタニ コウスケ
著者(別表記) Shintani Kousuke
著者 ポンサアヌティン ティーラサク
著者(ヨミ) ポンサアヌティン ティーラサク
著者(別表記) Pongsa-anutin Teerasak
著者 鈴木 晴雄
著者(ヨミ) スズキ ハルオ
著者(別表記) Suzuki Haruo
掲載誌
香川大学農学部学術報告
掲載誌(別表記)
Technical bulletin of Faculty of Agriculture, Kagawa University
64
開始ページ
7
終了ページ
13
出版者
香川大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Kagawa University
出版年月日
2012-02-22
ISSN
0368-5128
NCID
AN00038339
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.