家族画にあらわれたAD/HDと自閉症スペクトラム障害との描画特徴

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/27461
Title
家族画にあらわれたAD/HDと自閉症スペクトラム障害との描画特徴
Title Alternative
A Comparative Study of Family-Drawing Test Characteristics between AD/HD children and Autism spectrum Disorder Children
File
Description

Abstract:注意欠如・多動性障害(AD/HD)と「自閉症スペクトラム障害」それぞれの家族画テストの比較検討を試みた。香川大学医学部附属病院子どもと家族・こころの診療部を受診し、児童精神科医がDSM-IV-TRに基づいてAD/HDあるいは自閉症スペクトラム障害と診断し、家族画教示に従い家族メンバーの人物像集合を描いた児童92名を対象とした。内訳は、AD/HD群46人(平均8.41歳、男37人、女9人)、PDDNOS群27人(平均8.37歳、男23人、女4人)、AS群13人(平均11.31歳、男9人、女4人)、AD群6人(平均11.67歳、男6人、女0人)であった。対象をそれぞれの群ごとに分けて分析し、分析した内容について、群間差を分析した。AD/HD群は、手を大きく描く傾向が見られた。「自閉症スペクトラム障害」に共通した特徴は抽出されなかったが、AS群は腕を長く描き、ADは左から右へという定型的な描画手順をとる傾向があった。

(医博甲578)

Author
著者 角山 富雄
著者(ヨミ) カクヤマ トミオ
著者(別表記) Kakuyama Tomio
Publication Title
臨床精神医学
Publication Title Alternative
Japanese journal of clinical psychiatry
Volume
43
Issue
1
Start Page
89
End Page
98
Publisher
国際医書出版
Published Date
2014-01
ISSN
0300-032X
NCID
AN00253400
Resource Type
Thesis or Dissertation
Language
jpn
Text Version
none
Grant ID
博甲第578号
Grant Date
2013-12-26
Degree Name
博士(医学)
Grantor
香川大学
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.