外国語教育部のあゆみ

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/27950
Title
外国語教育部のあゆみ
Title Alternative
On the Progress of the Foreign Language Education Section
File
Description

 香川医科大学と統合する前の旧香川大学では、1995(平成7)年4月にそれまで教養教育を担当していた一般教育部が廃止され、教養教育委員会を中心に全学的な見地から教養教育を実施する新しい体制がスタートした。その後、教養教育をより充実させるために、専任教員を配したセンターが求められるようになり、2002(平成14)年4月、大学教育開発センターが新たな組織として誕生した。当初は共通教育部と調査研究部だけで組織されていたが、2003(平成15)年10月、旧香川大学と香川
医科大学が統合した際に、外国語教育部も少し遅れて発足した。外国語教育部の当初のスタッフは、旧香川大学の専任教員2名、香川医科大学の専任教員2名、旧香川大学の外国人語学教員2名(担当はそれぞれ英語と初修外国語)の計6名だった。その後、医学部の外国人語学教員もスタッフに加わり、1名増員された。2007(平成19)年度から2009(平成21)年度にかけて、専任教員と外国人語学教員の区別を廃し、外国人語学教員は現在、講師として全員が活動している。
 「香川大学大学教育開発センター規定」に挙げられている外国語教育部の業務は以下の通りである(第17条)。
(1)外国語教育の改善等の研究・調査に関すること。
(2)外国語によるコミュニケーション能力育成のための教材開発及び教育方法等の改善に関すること。
(3)外国語自習室の運営に関すること。
(4)英語学習システムに関すること。
(5)英会話講座等の企画・実施に関すること。
(6)派遣留学生の語学力の支援に関すること。
(7)その他外国語コミュニケーション能力の育成に関し必要なこと。
 この中で特に重点を置いているのが外国語教育の改善に向けた取り組みであるが、これについては次章で詳述する。
 2004(平成16)年度、教職員対象の語学研修(英会話研修、ドイツ語会話)が外国人語学教員により試行的に実施された。幸いにも好評を得ることができたが、現在は中断している。要望があればまた実施したいと考えている。
 外国語自習室の運営についても意欲的に取り組み、2010(平成22)年度の改修では、自習用ブースを従来の2倍に拡大した。自習用教材の保管場所も改修し、利用しやすい環境の整備にも心がけている。
 2008(平成20)年度には中国地区・関西地区のいくつかの大学を訪問し、外国語教育のあり方や実施体制について視察した。そして翌年度から「外国語センター」(仮称)の発足に向けての議論も進めてきた。2年近い歳月をかけて構想案をまとめることができたが、実現にはまだまだ解決すべき課題も多い。
 また、外国語教育の改善のために教育に専念する特命講師(非常勤教員)の採用を要求してきたが、2011(平成23)年度より英語担当の3名が認められ、英語教育改善の一助となっている。以下、外国語教育の改善に向けた試みを、英語と初修外国語とに分けて概観することにしたい。

Author
著者 最上 英明
著者(ヨミ) モガミ ヒデアキ
著者(別表記) MOGAMI Hideaki
著者 長井 克己
著者(ヨミ) ナガイ カツミ
著者(別表記) NAGAI Katsumi
Publication Title
香川大学教育研究
Publication Title Alternative
JOURNAL OF HIGHER EDUCATION AND RESEARCH KAGAWA UNIVERSITY
Volume
10
Start Page
19
End Page
22
Publisher
香川大学大学教育開発センター
Publisher Aalternative
Center for Research and Educational Development in Higher Education, Kagawa University
Published Date
2013-3
ISSN
1349-0001
NCID
AA1197154X
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.