授業中の逸脱行動に対する大学の対応 ─ボーダーフリー大学に着目して─

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/27954
Title
授業中の逸脱行動に対する大学の対応 ─ボーダーフリー大学に着目して─
Title Alternative
Dealing With Troublesome Behaviors in the Classroom: A Report Focusing on Low-Prestige Universities
File
Description

 本稿は、授業中の逸脱行動に対して、大学においてどのような対応がとられているかについて論じるものである。「逸脱」とは、「最も広い意味では、それぞれの社会や集団で分有されている社会規範に反する現象のことをいう。それが社会規範に反する行動ならば逸脱行動」(『新教育社会学辞典』)となる。本稿では、「大学の授業は学びのために存在する」という前提に立ち、授業中の逸脱行動を「自分や他者の学びを阻害する行動」と定義する。
 授業中の逸脱行動はどの大学でも日常的にみられる光景である。例えば、授業中の逸脱行動の代表とも言える「私語」は、1960年代半ば頃から私立の女子短期大学でみられ始め、1980年代後半にはどの大学でも日常化していたという(島田 2001)。しかし、その日常化の程度は、「研究大学」を頂点にした階層の底辺に位置する「ボーダーフリー大学」と呼ばれる大学では特に著しいと考えられる。なお、本稿では「ボーダーフリー大学」を、「受験すれば必ず合格するような大学、すなわち、事実上の全入状態にある大学」と定義する。
 筆者が2005年に行った質問紙調査では、例えば「私語」や「いねむり」などの授業中の逸脱行動は、中堅大学よりもボーダーフリー大学で多く行われていることが確認されている(葛城 2007)。また、筆者が2011年に行った自由記述式の調査では、ボーダーフリー大学では「教員への反抗」もままみられることが確認されている。「教員への反抗」を含む授業中の逸脱行動の惨状は、同じボーダーフリー大学生をして、「「大学生」とは名ばかりで、本当は幼稚園児や小学生並にレベルが低い」と言わしめるほどである(葛城 2012)。
 ボーダーフリー大学で授業中の逸脱行動の日常化の程度が著しいことには、入試による選抜機能が働かないため、基礎学力や学習習慣、学習への動機づけの欠如といった、学習面での問題を抱える学生を多く受け入れていることが大きく関係していると考えられる。学習面での問題を抱えていることが授業中の逸脱行動の日常化に拍車をかけ、それによって、学習面での問題の克服が阻まれてしまうという悪循環がそこには存在している。
 単に授業中の逸脱行動の日常化の程度が著しいからというだけではなく、学習面での問題を克服させるための前提となるという意味においても、ボーダーフリー大学にとって、授業中の逸脱行動に対する対応は避けては通れない重要な課題であると言える。そこで、本稿では、特にボーダーフリー大学に着目し、そこで授業中の逸脱行動に対してどのような対応がとられているかについて明らかにしたいと考える。

Author
著者 葛城 浩一
著者(ヨミ) クズキ コウイチ
著者(別表記) KUZUKI Koichi
Publication Title
香川大学教育研究
Publication Title Alternative
JOURNAL OF HIGHER EDUCATION AND RESEARCH KAGAWA UNIVERSITY
Volume
10
Start Page
51
End Page
61
Publisher
香川大学大学教育開発センター
Publisher Aalternative
Center for Research and Educational Development in Higher Education, Kagawa University
Published Date
2013-3
ISSN
1349-0001
NCID
AA1197154X
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.