医学教育における反転授業トライアル

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/27973
タイトル
医学教育における反転授業トライアル
タイトル(別表記)
An Experimental Flipped Classroom in Medical Education Trial of Flipped Classroom on Medical Education
ファイル
内容記述

 従来型の講義形態は、講義で教員が学生に基礎的知識を提供し、自宅で演習や復習などを通して知識の定着をはかっていた。2007年頃から米国の高等学校において、講義内容を15分程度にまとめたネットワーク上の動画教材を予習課題とし、従来宿題となっていた演習などの応用課題を講義において生徒と教員が対話的に学ぶブレンド型講義形態(Flipped classroom:反転授業)が開発され普及してきた。Flipped:反転とは、「教室での学習」と「自宅での学習」の順序が逆転していることを意味する。この講義形態により生徒は事前に能動的に学習し、予習してきた知識を授業で活性化することができ学習成果をあげている。この講義形態は大学教育にも導入され始め、医学部においては2011年より米国スタンフォード大学が反転授業を導入し成果を挙げ始めている(Prober, CG., 2012, 1657-1659)。日本においては2012年以降、小学校や高等学校においても反転授業が導入され始めた。大学教育においても反転授業が導入されている事例が散見される。今回、医学科の学部教育において反転授業を導入した講義を行ったので、その導入過程、学生のアンケート結果そして今後の展望について検討したい。

著者
著者 西屋 克己
著者(ヨミ) ニシヤ カツミ
著者(別表記) NISHIYA Katsumi
著者 住谷 和則
著者(ヨミ) スミタニ カズノリ
著者(別表記) SUMITANI Kazunori
著者 岡田 宏基
著者(ヨミ) オカダ ヒロキ
著者(別表記) OKADA Hiroki
掲載誌
香川大学教育研究
掲載誌(別表記)
JOURNAL OF HIGHER EDUCATION AND RESEARCH KAGAWA UNIVERSITY
11
開始ページ
107
終了ページ
112
出版者
香川大学大学教育開発センター
出版者(別表記)
Center for Research and Educational Development in Higher Education, Kagawa University
出版年月日
2014-3
ISSN
1349-0001
NCID
AA1197154X
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.