市民としての倫理教育に関する授業モデルの開発

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/27980
タイトル
市民としての倫理教育に関する授業モデルの開発
タイトル(別表記)
Development of Model Lessons for Cultivating Ethics as Citizens
ファイル
内容記述

 大学教育において学生の社会的責任や倫理観などの育成が注目されるようになった。その背景として考えられるのが、2008年に出された中央教育審議会答申「学士課程教育の構築に向けて」である。同答申では、各専攻分野を通じて培う「学士力」の構成要素として「市民としての責任感」、「倫理観」が明記されている。「市民としての社会的責任」は「社会の一員としての意識を持ち、義務と権利を適正に行使しつつ、社会の発展のために積極的に関与できる」、「倫理観」は「自己の良心と社会の規範やルールに従って行動できる」と定義されている。学士課程教育を通じてこうした態度・志向性の育成が求められるようになったことのインパクトは大きい。
 また、もうひとつの背景として考えられるのは、大学生による不祥事である。例えば、2000代後半に都市部の大学で多発した大麻汚染問題や、ツイッターなどSNS から発覚した某テーマパークでの学生の迷惑行為など、これらは事件の奇異性から話題を集め大きな社会問題となった。このような目立った事件以外にも、暴行、窃盗、住居侵入、強制わいせつ、未成年飲酒などの大学生の不祥事は毎年少なからず発生している。朝日新聞データベースを参照すると、2014年1月から6月の半年の間に、大学生が加害者として逮捕された記事は40件を数えた。全国紙を対象としているが、地方紙にも目を向けるとその数はもっと増えるであろう。また、近年では未成年飲酒によるトラブルも増えており、入学時のガイダンス等を通じて、飲酒に関わる指導や啓発を行っている大学も多い。
 このような不祥事への対応策も含めて、学生の社会的責任や倫理観の育成を行っている大学は一体どのくらいあるのだろうか。中国・四国地区大学教育研究会編(2012)によると、中国・四国地域に所在する国公私立大学39校(国公立大学:15校、私立大学:24校)のうち、「市民としての社会的責任」、「倫理観」育成の取組を、正課もしくは正課外において実施している大学は、30校(国公立大学:11校、私立大学:19校)で、実施率は77%であった。実施形態として最も多いのが全学共通科目を通じて行うものである。「全学共通科目において必修科目を設けている」大学は13校(国公立大学:3校、私立大学:10校)、「全学共通科目において選択科目を設けている」大学は16校(国公立大学:6校、私立大学:10校)であった。その内容は、初年次教育やキャリア教育の文脈で実施されているものと、「倫理学」や「宗教学」など教養教育の文脈で実施されているものに分かれていた。なお、教養教育として実施されている科目は選択科目に多くみられた。
 本学においても、全学共通科目主題A「人生とキャリア」を通じて、学生の社会的責任や倫理観の育成に取り組んでいる。主題A「人生とキャリア」は、平成23年度から必修化され、平成2 年度~平成25年度は12科目(前期9科目、後期3科目)、平成26年度は13科目(前期10科目、後期3科目)が開講された。「人生」や「生き方」といった広い意味での「キャリア」について考えるなかで、香川大学共通教育スタンダード「市民としての責任感と倫理観」を育むことをめざしている科目群である。主題A 担当教員はそれぞれの専門性をいかす形で授業を行っており、その流れの中に「市民としての責任感」や「倫理観」の要素を盛り込んでいる3)。内容については、担当者会議を通じて共有化を行ってきたが、明確化(標準化)までは行っていない。
 近年、本学の学生による不祥事が多発しており、大学としての対応が求められるようになった。その流れで、主題A における「市民としての責任感」や「倫理観」に関わる内容についても、コンテンツの明確化(標準化)が求められるようになった。筆者らは、平成23 年度に主題A が必修化されてから、希望のあった授業科目の1~2コマを担当し「市民としての倫理教育」に関する内容の授業を行ってきた。詳細は次章に譲るが、香川大学に所属する教員であれば比較的容易に授業を行うことができるという点を意識して授業を開発してきた。コンテンツの明確化(標準化)が求められている状況を踏まえると、当該授業を参考に市民としての倫理教育モデルを開発するのが有効であろう。本稿は、市民としての倫理教育に関する授業モデルとその開発過程をまとめたものである。

著者
著者 藤本 佳奈
著者(ヨミ) フジモト カナ
著者(別表記) FUJIMOTO Kana
掲載誌
香川大学教育研究
掲載誌(別表記)
JOURNAL OF RESEARCH IN HIGHER EDUCATION KAGAWA UNIVERSITY
12
開始ページ
105
終了ページ
116
出版者
香川大学大学教育基盤センター
出版者(別表記)
Higher Education Center,Kagawa University
出版年月日
2015-7
ISSN
1349-0001
NCID
AA1197154X
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.