大学教育開発センターから大学教育基盤センターへ

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/27985
タイトル
大学教育開発センターから大学教育基盤センターへ
タイトル(別表記)
Reflections on the Center for Research and Educational Development in Higher Education
ファイル
内容記述

 大学教育開発センター(以下、センターと表記)は、2002(平成14)年4月に旧香川大学に学内措置として発足した大学教育開発センター(以下、旧センターと表記)を基礎として、旧香川大学と香川医科大学が統合し(新)香川大学となった2003(平成15)年10月に省令施設として発足した。それからちょうど12年目の、暦でいえば一回りしたタイミングにあたる2015(平成27)年4月に、センターは「大学教育基盤センター」として生まれ変わることになった。この機会に、大学教育基盤センター誕生に至るまでのセンターのあゆみを振り返ろうというのが、本稿の意図するところである。
 センターのあゆみについては、センター発足10周年を記念し、センターの紀要である『香川大学教育研究』(2013)に「大学教育開発センターの10年を振り返る」という特集が組まれている。そこには、センターの10年のあゆみが、初代共通教育部長であり、教育担当理事・副学長以外での唯一のセンター長でもあった武重雅文によってまとめられている。また、センターを構成する共通教育部、調査研究部、外国語教育部のあゆみが、センター専任教員である佐藤慶太、葛城浩一、最上英明・長井克己によってそれぞれまとめられている。大学教育基盤センター誕生に至るまでのセンターのあゆみを振り返ろうという本稿の意図からすれば、その後の3年間のあゆみを振り返ればそれで事足りるように思われるかもしれない。しかし、その後の3年間のあゆみがそれ以前の10年間のあゆみの上に積み上げられたものであることを考えれば、それだけというわけにもいかないだろう。
 そこで本稿では、センター発足から大学教育基盤センター誕生に至るまでのセンターのあゆみを、「初期改革期」、「中期改革期」、「後期改革期」の3期に分けて振り返ることとしたい。このうち、初期改革期と中期改革期は、武重(2013)がいうところの、センター制度の定着を目指した初期の改革期と、それに続くセンター制度自体の革新を目標にした改革期に対応した時期であり、後期改革期はその後の3年間のあゆみに対応した時期である。なお下記の表は、それらの時期区分とともに、各時期のセンター役職者を示したものである。

著者
著者 葛城 浩一
著者(ヨミ) クズキ コウイチ
著者(別表記) KUZUKI Koichi
掲載誌
香川大学教育研究
掲載誌(別表記)
JOURNAL OF RESEARCH IN HIGHER EDUCATION KAGAWA UNIVERSITY
13
開始ページ
1
終了ページ
14
出版者
香川大学大学教育基盤センター
出版者(別表記)
Higher Education Center,Kagawa University
出版年月日
2016-3
ISSN
1349-0001
NCID
AA1197154X
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.