医学部における高校生を対象としたブレンド型学習の試み

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/27990
Title
医学部における高校生を対象としたブレンド型学習の試み
Title Alternative
A blended learning trial for high school students at a medical school
File
Description

 日本の医学部では伝統的な知識の伝達を主体とする一方向的な講義形式が明治以来カリキュラムに取り入れられてきた。しかし、この講義形式では学生は受動的であり、問題解決能力の育成は難しく、ひたすら知識の暗記を促すものとなった。この反省から、わが国では、これまでの講義に加えて学生の能動的な学びを目指すPBL(Problem-based learning:問題基盤型学習)が導入されるようになった。1969年にMcMaster大学にPBLが導入され、1986年にHarvard大学がHarvard Medical Schoolの独自の取り組みである『New Pathway』プログラムとしてPBLを本格的にカリキュラムに採用したことにより世界の医学部にひろまった(鈴木、2012、44-48頁)。医学部におけるPBLは、症例シナリオを用いて、そこから問題点を抽出し、その問題点を解決していく過程を通して臨床推論能力や問題解決能力を習得していくことを目的としている。2010年現在、日本の医学部の92.5%にPBLが導入されていると報告されている(鈴木、2012、44-48頁)。PBLを実施するためには、多くのチューターとしての教員や小教室が必要であることが問題となってきた。そこで、2010年頃から、TBL(Team-based learning:チーム基盤型学習)が日本の医学部に導入されるようになった。TBLとは、1970年代後半にOklahoma大学のLarry Michaelsenによって考案された教育方略である(Michaelsen, L.K., 2004)。TBLは大人数にも適したアクティブ・ラーニングの方略であり、1)予習:教員が指定した教材の学生による事前学習、2)講義における学生の予習準備確認:同一問題を個人テストおよびグループテストにより正解に到達するまで議論し、教員が適宜フィードバックを与える、3)講義における応用課題:1)2)の学習過程で得た基礎知識を活用してグループで応用課題に取り組む、の3ステップから構成される(三木、2011、20-23頁)。これらPBLやTBLなどの学生の能動的な学びはまさにアクティブ・ラーニングそのものであり、大学教育において医学部は早期からアクティブ・ラーニングに取り組んできたといえよう。
 近年、日本の大学教育では、文部科学省中央教育審議会(中教審)による平成24年の答申において(文科省中教審答申、2012)学士課程教育の質的な転換が求められている。その中で『生涯にわたって学び続ける力、主体的に考える力を持った人材は、学生からみて受動的な教育の場では育成することができない。従来のような知識の伝達・注入を中心とした授業から、教員と学生が意思疎通を図りつつ、一緒になって切磋琢磨し、相互に刺激を与えながら知的に成長する場を創り、学生が主体的に問題を発見し解を見いだしていく能動的学修(アクティブ・ラーニング)への転換が必要である。』と述べられており、アクティブ・ラーニングの重要性が指摘されている。また、この流れは初等中等教育においても同様であり、平成26年の中教審の答申において(文科省中教審答申、2014)、『「何を教えるか」という知識の質や量の改善はもちろんのこと、「どのように学ぶか」という、学びの質や深まりを重視することが必要であり、課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に学ぶ学習(いわゆる「アクティブ・ラーニング」)や、そのための指導の方法等を充実させていく必要がある。』と述べられている。このように初等教育から高等教育まで一貫したアクティブ・ラーニングを軸とした教育が求められている。特に、この中で高大接続を重要視した高等学校や大学におけるアクティブ・ラーニングや入試改革を打ち出されている。今回、今後の高大接続を視座に入れた、医学部における高校生を対象としたブレンド型学習を実施した。ブレンド型学習はe-ラーニングと対面授業におけるアクティブ・ラーニングを合わせた授業形態である(重田、2014、677-684頁)。本稿では医学部における高校生を対象としたブレンド型学習の内容を示し、学習のレディネス、自己主導型学習といったアクティブ・ラーニングから得られる学びが身についているかについて、質問紙法による生徒の評価を行い、そこから得られた知見について若干の文献的考察を含めて報告する。

Author
著者 西屋 克己
著者(ヨミ) ニシヤ カツミ
著者(別表記) NISHIYA Katsumi
著者 住谷 和則
著者(ヨミ) スミタニ カズノリ
著者(別表記) SUMITANI Kazunori
著者 岡田 宏基
著者(ヨミ) オカダ ヒロキ
著者(別表記) OKADA Hiroki
Publication Title
香川大学教育研究
Publication Title Alternative
JOURNAL OF RESEARCH IN HIGHER EDUCATION KAGAWA UNIVERSITY
Volume
13
Start Page
67
End Page
72
Publisher
香川大学大学教育基盤センター
Publisher Aalternative
Higher Education Center,Kagawa University
Published Date
2016-3
ISSN
1349-0001
NCID
AA1197154X
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.