全学共通科目「瀬戸内地域活性化プロジェクト」における実践と教育効果に関する検証

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/28428
Title
全学共通科目「瀬戸内地域活性化プロジェクト」における実践と教育効果に関する検証
Title Alternative
Evaluating the Seto-uchi Regional Vitalization Project
File
Description

■実践記録

はじめに

 本論は、平成25(2013)年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」(以下、COC事業と称す)に採択された香川大学「自治体連携による瀬戸内地域の活性化と地(知)の拠点整備事業」において、地域連携教育プログラムの充実を意図して新設された「瀬戸内地域活性化プロジェクト」(Ⅰ:全学共通科目・主題C─実践型科目、Ⅱ~Ⅳ:経済学部選択科目)の5年度分の実践記録である。本論では、これまでの経緯と平成29(2017)年度実施状況を記録すると共に、平成28(2016)年度の学生アンケートを基に教育効果の検証を行う。
 この本学COC事業の教育改革プログラムでは、県下7市町及び香川県と連携し、地域の課題解決を目指した実践活動を行い、卒業時に地域に愛着を持ち、自信を持って社会に出ることができる人材を育成することを目指している。平成26(2014)年度に新設されたプロジェクト型科目「地域インターンシップ」と共に、COC事業教育改革プログラムの中核に据えられている。平成29(2017)年度はCOC事業最終年度であり、開講5年目にあたる。
 科目設置に際しては、学内の運営体制整備、担当教員の確保、文科省や連携自治体との予算調整、自治体や地域との受入体制の整備及びテーマ設定、教育プログラムの設計等に新たに取り組む必要があった。本科目は、COC事業開始翌年度から「Ⅱ」以降を順次開設し、現在「Ⅳ」まで開設するに至っている。

Author
著者 鈴木 健大
著者(ヨミ) スズキ タケヒロ
著者(別表記) SUZUKI Takehiro
著者 原 直行
著者(ヨミ) ハラ ナオユキ
著者(別表記) HARA Naoyuki
著者 古川 尚幸
著者(ヨミ) フルカワ ナオユキ
著者(別表記) FURUKAWA Naoyuki
著者 西成 典久
著者(ヨミ) ニシナリ ノリヒサ
著者(別表記) NISHINARI Norihisa
著者 山田 香織
著者(ヨミ) ヤマダ カオリ
著者(別表記) YAMADA Kaori
Publication Title
香川大学教育研究
Publication Title Alternative
JOURNAL OF RESEARCH IN HIGHER EDUCATION KAGAWA UNIVERSITY
Volume
15
Start Page
175
End Page
188
Publisher
香川大学大学教育基盤センター
Publisher Aalternative
Higher Education Center,Kagawa University
Published Date
2018-03
ISSN
1349-0001
NCID
AA1197154X
Resource Type
Departmental Bulletin Paper
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.