文系学生向け「自然科学基礎実験」の2017年度途中経過報告

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/28429
タイトル
文系学生向け「自然科学基礎実験」の2017年度途中経過報告
タイトル(別表記)
Implementation of Natural Science Experiments for Non-Science Course Students: Mid-term Report 2017
ファイル
内容記述

■実践記録

 昨年度、香川大学において全国でもあまり例のない「文系向け」の科学実験の授業である「自然科学基礎実験」が開講した。この科目は全学共通科目・学問基礎科目内の「学問への扉」の一科目であり、香川大学全学共通スタンダードの中で特に「③広範な人文・社会・自然に関する知識」を身につける科目として位置づけられている。
 近年、文系学生は文系科目を、理系学生は理系科目を履修する傾向があるという問題意識の下(寺尾ら、2014、27-41頁)に、大学教育基盤センター共通教育部および調査研究部でそれぞれ独立に本科目は構想された(石井ら、2015、1-60頁)。その後、これら2つの流れを大学教育基盤センターとして一つにまとめ、2014年11月ごろに中村医学部准教授(リーダー)、高橋共通教育部長、岡田学部選出コーディネーター、および鶴町科目領域選出コーディネーターの 4名で「自然科学基礎実験のためのプロジェクトチーム(PT)」が立ち上げられた。まず、このPT主導で2015年度に高学年向け教養科目として「自然科学基礎実験」を試験的に開講するとともに、石井調査研究部長と山田科目領域選出コーディネーターを加えた調査研究部のサブグループ(SG)が発足し、2016年度の本格開講への準備が進められた。2016年度には組織の整理が行われ、企画・運営は調査研究部SGに統一するとともに、実際の授業担当のための実施委員会を組織した。そして、この組織の下で自然科学基礎実験を本格開講させた。これまでの流れは『香川大学教育研究』第13号(高橋ら、2016、105-110頁)および『香川大学教育研究』第14号(鶴町ら、2017、131-137頁)にまとめてあるので、詳細はそちらを参照いただきたい。

著者
著者 鶴町 徳昭
著者(ヨミ) ツルマチ ノリアキ
著者(別表記) TSURUMACHI Noriaki
著者 高橋 尚志
著者(ヨミ) タカハシ ナオシ
著者(別表記) TAKAHASHI Naoshi
著者 寺尾 徹
著者(ヨミ) テラオ トオル
著者(別表記) TERAO Toru
著者 岡田 宏基
著者(ヨミ) オカダ ヒロキ
著者(別表記) OKADA Hiroki
著者 横平 政直
著者(ヨミ) ヨコヒラ マサナオ
著者(別表記) YOKOHIRA Masanao
著者 山田 佳裕
著者(ヨミ) ヤマダ ヨシヒロ
著者(別表記) YAMADA Yoshihiro
著者 石井 知彦
著者(ヨミ) イシイ トモヒコ
著者(別表記) ISHII Tomohiko
著者 丸 浩一
著者(ヨミ) マル コウイチ
著者(別表記) MARU Koichi
著者 中村 丈洋
著者(ヨミ) ナカムラ タケヒロ
著者(別表記) NAKAMURA Takehiro
掲載誌
香川大学教育研究
掲載誌(別表記)
JOURNAL OF RESEARCH IN HIGHER EDUCATION KAGAWA UNIVERSITY
15
開始ページ
189
終了ページ
195
出版者
香川大学大学教育基盤センター
出版者(別表記)
Higher Education Center,Kagawa University
出版年月日
2018-03
ISSN
1349-0001
NCID
AA1197154X
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.