来日学校保健研修に参加したカンボジア国行政担当者・教員への帰国後セミナーの評価と課題

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/28647
タイトル
来日学校保健研修に参加したカンボジア国行政担当者・教員への帰国後セミナーの評価と課題
タイトル(別表記)
Evaluation of a seminar presented to Cambodian administrative staff and teachers following training in school health in Japan
ファイル
内容記述

〔報告〕

要旨
 目的:本研究の目的は,来日学校保健研修(以下、来日研修)に参加したカンボジア国の行政担当者・教員が帰国後に必要としている課題についてセミナーを実施し,その効果を評価し,セミナー内容を定着させるための課題を明らかにすることである.来日研修とは,JICA草の根事業により実施した日本での学校保健、衛生環境に関する視察である.
 方法:調査対象者は,セミナー参加者24 名であった.セミナーとは,来日研修帰国後に実施される,講義・演習と情報交換で構成され,複数回実施されるものである.本研究では,講義,情報交換で構成された保健と保健室に関するセミナーを対象とした.
 データの収集は,6項目の事前事後質問紙調査とインタビュー調査を実施した.分析はノンパラメトリック検定と記述的分析であった.データは,第三者によって収集された匿名データを受理し分析をおこなったため倫理的問題はなかった.
 結果:6質問項目のうち5項目は実施前後で有意差があったが,理解が深まった段階にはないといえる.インタビューでは,資料の事前配布,通訳等の要望があった.
 考察:セミナーでは言語的な壁や時間制約の問題があり,十分に理解が得られた段階までには至らなかった.理解を促進するための母国語セミナーや現地スタッフの継続的な実地指導によりセミナー内容の定着を図る必要がある.また教員の基礎能力の影響や教員同士の相互協力,社会資源との連携,教育行政の課題なども解決する必要がある.
 結論:今回対象のセミナーは知識導入にあたる段階であり,今後は現地での継続的な知識定着を促進するフォローアップ指導を組み合わせる必要がある.

キーワード:衛生教育,保健室,カンボジア

Summary
 Aim: The purpose of this research is to conduct a seminar on administrative staff and faculty members in Cambodia who participated in the school health training in Japan (hereinafter referred to as “Japan visit to Japan”) after their return home, evaluate the effect, It is to clarify the problem to fix the content of the seminar.
 The visit to Japan is an inspection on school health and sanitation environment in Japan implemented by JICA grassroots project, and the seminar consists of lectures, exercises and information exchange and is carried out more than once. In this research, we aimed at seminars that disseminate knowledge on health and public health rooms composed of lectures and information exchanges.
 Methods: The subjects to be surveyed were 24 seminar participants. To collect data, we conducted 6 items of pre / post questionnaire survey and interview survey. The analysis was a nonparametric test and a descriptive analysis. Data received ethical issues because it accepted and analyzed anonymous data collected by third parties.
 Results: Five of the six question items had significant differences before and after implementation, but it can be said that they are not at a stage where understanding is deepened. In the interview, there was a request for advance distribution of materials and interpretation etc.
 Discussion: Since seminars have problems of linguistic walls and time constraints, it is necessary to promote consolidation of seminars by mother tongue seminars to promote understanding and continuous on-site instruction of the local staff. Moreover, it is necessary to solve the influence of the teacher' s basic ability, mutual cooperation among teachers, cooperation with social resources, issues of educational administration etc.
 Conclusion: The target seminar is the stage of introducing knowledge, and from now on, follow-up guidance to promote continuous on-site knowledge exchange is necessary.

keywords: Health education, School Health Room, Cambodia

著者
著者 清水 裕子
著者(ヨミ) シミズ ヒロコ
著者(別表記) Shimizu Hiroko
著者 山口 舞
著者(ヨミ) ヤマグチ マイ
著者(別表記) Yamaguchi Mai
著者 山本 麻理奈
著者(ヨミ) ヤマモト マリナ
著者(別表記) Yamamoto Marina
著者 上原 星奈
著者(ヨミ) ウエハラ ホシナ
著者(別表記) Uehara Hoshina
著者 依田 健志
著者(ヨミ) ヨダ タケシ
著者(別表記) Yoda Takeshi
著者 楠川 富子
著者(ヨミ) クスカワ トミコ
著者(別表記) Kusukawa Tomiko
著者 テアリス ブン
著者(ヨミ) テアリス ブン
著者(別表記) Thearith Bun
著者 タイ ソックヘン
著者(ヨミ) タイ ソックヘン
著者(別表記) Thay Sokheng
掲載誌
香川大学看護学雑誌
掲載誌(別表記)
Nursing journal of Kagawa University
23
1
開始ページ
59
終了ページ
70
出版者
香川大学医学部看護学科
出版者(別表記)
School of Nursing, Faculty of Medicine Kagawa University
出版年月日
2019-03-29
ISSN
2189-2970
NCID
AA12029628
資料タイプ
紀要論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.