2.4-D酸の処理によるソラマメの根に及ぼす影響

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/2994
Title
2.4-D酸の処理によるソラマメの根に及ぼす影響
File
Description

水耕法により培養したソラマメの根を2・4-Dで処理し, その影響を調べたのである. 植物生長素としての2・4-Dはこの実験範囲内では0.00001%より高濃度では生長抑制方向に働き, 0.00001%より低濃度では促進作用して働く, そして2.4-Dが高濃度の場合には根端細胞に傷害を起さすと共に茎の基部に異常裂開を起さして枯死に至らしめる. 0.00001%程度では根端の柔組織細胞に異常分裂さし肥大現象を起さす為, 根の作用が減退し生長が抑制されるのである. そして2・4-Dの作用が減退すると又正常な生長を続けるのである. 然しながらこの実験を今一度同一条件下で検定する必要があり, 他の?科植物についても実験を行わねばならないであろう. この実験は野口先生の御指導の下に行つた深く感謝の意を表する. なお有益な御助言を賜つた小野, 矢崎両先生に衷心より謝意を申し上げる。

Author
著者 永井 勝也
著者(ヨミ) ナガイ カツヤ
著者(別表記) Nagai Katsuya
Publication Title
香川生物
Volume
1
Start Page
10
End Page
13
Publisher
香川生物学会
Published Date
195312
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
Resource Type
Journal Article
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.