食品営業場におけるハエの種類と季節的消長について

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3012
タイトル
食品営業場におけるハエの種類と季節的消長について
タイトル(別表記)
Seasonal prevalence of flies in restaurants and fish shops in Sakaide city, Kagawa prefecture
ファイル
内容記述

食品営業場に侵入するハエの種類と, その季節的消長を明らかにするために, 1966年5月から10月までの間, 調査を実施し, おおむね, 次のような結果を得た. ① 調査期間に捕殺されたハエの種類は, クロバエ(2種), ヒメイエバエ(2種), イエバエ, オオイエバエ, キンバエ(3種), ニクバエ(2種), ヒメクロバエ類(2種), ハナバエ1種であった. ② 種類群が, 季節の推移につれて優占位を交替することが明らかに認められた. ③ 発生のピークは, 6月中旬と8月下旬に2回認められた. ④ 飲食店と魚介類販売店を比較した場合, 各種類群ともに, 常に後者の方の個体数が多い結果を示した.

著者
著者 藤井 幸彦
著者(ヨミ) フジイ ユキヒコ
著者(別表記) Fujii Yukihiko
著者 高橋 忠史
著者(ヨミ) タカハシ タダシ
著者(別表記) Takahashi Tadashi
著者 小西 富美代
著者(ヨミ) コニシ フミヨ
著者(別表記) Konishi Fumiyo
掲載誌
香川生物
3
開始ページ
33
終了ページ
35
出版者
香川生物学会
出版年月日
196704
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.