香川県高松市におけるアブラコウモリ Pipistrellus abramus (Temminck, 1840) 3個体群の出巣活動

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3062
Title
香川県高松市におけるアブラコウモリ Pipistrellus abramus (Temminck, 1840) 3個体群の出巣活動
Title Alternative
Emergence activity of three population of Pipistrellus abramus (TEMMINCK, 1840) at Takamatsu city, Kagawa, Japan
File
Description

The emergence activity of Pipistrellus abramus was investigated at three separate populations of Takamatsu City, Kagawa, Japan during March 14 and December 5, 1980. Bats emerged from the three populations were not found when the air temperature dropped to 11℃ in spring (from the latter part of March to early in April) and 14℃ in autumn (from the middle of October to the middle of November). It is suggested that the air temperature affects the emergence. The daily interval between sun set and emergence time was shorter from the latter part of June to early in August than other periods. It seems that lactating females and new born juveniles emerge earlier after sun set in the period mentioned above than in other periods. After the weaning of the new born juveniles, the average rate of emergence increased in both juveniles and adults. It is suggested that, as well as juveniles, the social facilitation in adults acts on strongly after the weaning of new born juveniles than before the weaning. From the finding of the difference of emergence time among the three populations, it is suggested that the difference relates with that of distance from their food fields and with that of population, in which juveniles learn the time of emerence from their adults.

香川県高松市の3ヶ所のアブラコウモリの個体群において, 1980年3月14日から12月5日まで出巣活動を調査した。 春(3月下旬から4月上旬)においては気温の低い地点の覚醒がおくれた。また, 秋(10月中旬から11月中旬)においては出巣が見られた日の気温の方が出巣が見られなかった日の気温より高かった。これは, この時期においては気温が出巣を左右する要因になっているためだと考えられる。 6月下旬から8月上旬にかけて, 出巣時刻が日没時刻に対して早くなっている。出巣時刻は一日の照度周期に同調されているということが今まで他の研究者によって議論されているが, それに加えて, 本種の生活リズムとも関連していることが示唆された。 1分当たりの出巣個体数を今年生まれた幼体の巣立ち前と後で比較すると, 巣立ちの後の方が増加していた。これは, 幼体だけでなく生体にも社会的促進がより強く働くためだと考えられる。 今回観察された各個体群間の出巣時刻のちがいに関しては2つのことが推測される。第1には, 出巣時刻のちがいはえさ場と個体群との間の距離のちがいに関連していると推測した。第2には個体群ごとの出巣の時刻のちがいは, 成体から幼体へと学習によって伝えられる個体群固有の出巣時刻のちがいと関連していると推測した。

Author
著者 野口 修
著者(ヨミ) ノグチ オサム
著者(別表記) Noguchi Osamu
Publication Title
香川生物
Volume
10
Start Page
5
End Page
12
Publisher
香川生物学会
Published Date
198203
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
Resource Type
Journal Article
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.