香川県のヒシ属の調査報告 第1報

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3063
Title
香川県のヒシ属の調査報告 第1報
Title Alternative
A repot of the genus Trapa in Kagawa prefecture, Japan (1)
File
Description

(1) 香川県のヒシは水中茎の節に1~8位の水中根を生ずる。 (2) 香川県のヒシ属の葉身の形や鋸歯や生える毛の多少は複雑である。 (3) 香川県のヒシ属の果実の大きさは、水深や養分や日照の外、葉を虫害に侵され小形となる場合も多い。 (4) 香川県のヒシ属の果実の形は、単生池より混生池の方が変化が多く、殊にヒシの前後の突起の長さに大差があり、その突起の先が鈍角と鋭角の2傾向が見える。オニビシ・メビシ・ヒシの混生する辻堂池と、メビシ・ヒシの混生する上池とのヒシの果実を比較すると、上池のものに前後突起の長いものが多い傾向が見える。 (5) 香川県のヒシ属は雑種をよく作り、個体変異も多く、よく果実に変化が現われている。適応性や進化の研究によいように推測される。

Author
著者 坂口 清一
著者(ヨミ) サカグチ セイイチ
著者(別表記) Sakaguchi Seiichi
Publication Title
香川生物
Volume
10
Start Page
13
End Page
17
Publisher
香川生物学会
Published Date
198203
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
Resource Type
Journal Article
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.