香川県観音寺市におけるアブラコウモリ (Pipistrellus abramus) の出巣開始時刻の7年間の季節的変化

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3075
Title
香川県観音寺市におけるアブラコウモリ (Pipistrellus abramus) の出巣開始時刻の7年間の季節的変化
Title Alternative
Seasonal changes of emergence time in the Japanese house bat, Pipistrellus abramus, from 1974 to 1980 in Kan-onji city, Kagawa prefecture, Japan
File
Description

Pipistrellus abramus emerges from their roosts about 20 minutes before sunset in the western part of Kagawa prefecture. All through the seven years the time of emergence in each month has been almost constant, but bats emerge earlier on the days after the typhoon than on the days of the same periods in other years. The time elapsed after emergence to the sunset was the longest from late June to early August. The time of emergence is earlier during the periods of pregnancy and lactation than the periods of parturition. It follows that energy demands on females P. abramus is very high in pregnancy and in lactation. Weaning young bats leave their roosts earlier than adult bats in August. When air temperature falls to about 12℃, bats do not emerge. More than 80 per cent bats appear when air temperature is over 20℃. Bats emerge from their roosts earlier on the day after rainy day than other days.

香川県観音寺市において1974年から1980年にかけてアブラコウモリPipistrellus abramusの出巣について調査し, 以下の点が明らかとなった。 1. 香川県観音寺市でのアブラコウモリの出巣開始時刻は日没時刻前が多かった。 2. 冬眠あけのアブラコウモリの出巣の観察は出巣時の気温が11.7℃以上の時であり, 20℃以上になると80%以上の個体の出巣が観察されたことは, コウモリの体内の物質交代には20℃という気温が重要な意味を持っているものと思われる。 3. 雨天の翌日, 雨さえ降らなければ出巣は早い時刻でおこなわれることが観察された。このことは, 出巣開始時刻は当日の天候よりも空腹度と関連を持っているものと思われる。 4. 強い台風によって, それ以後の出巣開始時刻は, 例年になく早くなった。これは, コウモリの空腹度と関連を持っているものと思われる。 5. 62回の調査すべてにおいて, 6月と7月の出巣開始時刻は日没時刻20分~50分前である。この時期雌は胎児の生育や授乳に多くのエネルギー源を必要とするので, 早い時刻で出巣を開始するものと思われる。そして, 雌の出巣開始時刻は空腹度と大きな関連を持っているものと考えられる。

Author
著者 森井 隆三
著者(ヨミ) モリイ リュウゾウ
著者(別表記) Morii Ryuzo
Publication Title
香川生物
Volume
10
Start Page
97
End Page
104
Publisher
香川生物学会
Published Date
198203
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
Resource Type
Journal Article
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.