香川県におけるバラタナゴ(別称ニッポンバラタナゴ)の分布

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3094
タイトル
香川県におけるバラタナゴ(別称ニッポンバラタナゴ)の分布
タイトル(別表記)
Distribution of the Japanese rose bitterling, Rhodeus ocellatus smithi in Kagawa prefecture
ファイル
内容記述

The pure line populations of Japanease rose bitterling (Baratanago = Nippon-baratanago), Rhodeus ocellatus smithi in Japan, will have disappeared in the near future by hydrization with rose bitterling (Tairiku-baratanago), Rh. o. ocellatus. In Kagawa prefecture, rose bitterling were collected in 1982, therefore, it was necessary to describe with accuracy the distribution of Japanease rose bitterling. This paper has reported two habitiats of the pure line populations of Japanease rose bitterling. There are two populations : one is the pond of Minami-ko, Ritsurin Park in Takamatsu-shi and the other is the pond of Tsuda-cho, Okawa-gun. It seems to be the case that the two populations are natural ones, judging by the study of several examples in the literature on this subject.

バラタナゴ(別称ニッポンバラタナゴ)Rhodeus ocellatus smithiは, 近年タイリクバラタナゴRh. o. ocellatusと交雑がすすみ次第に消えつつある。香川県下でも1982年タイリクバラタナゴが記録され, バラタナゴの正確な記載が望まれていた。今回, これまでにバラタナゴの生息地として知られていた高松市栗林公園南湖と新しく追加された大川郡津田町の溜池について報告した。これら2地域の個体群は, 採集と飼育によって純系のバラタナゴであることが確認された。さらに, 県下のこれまでのタナゴに関する記録を検討し, バラタナゴが自然分布である可能性を指摘した。

著者
著者 植松 辰美
著者(ヨミ) ウエマツ タツミ
著者(別表記) Uematsu Tatsumi
著者 安芸 昌彦
著者(ヨミ) アキ マサヒコ
著者(別表記) Aki Masahiko
掲載誌
香川生物
12
開始ページ
7
終了ページ
14
出版者
香川生物学会
出版年月日
198405
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.