モンカゲロウ(Ephemera)属3種の斑紋および形態の比較

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3096
タイトル
モンカゲロウ(Ephemera)属3種の斑紋および形態の比較
タイトル(別表記)
Colour pattern and morphometry of the mayfly nymphs, Ephemera japonica, E. strigata and E. orientalis
ファイル
内容記述

Ephemera japonica, E.. strigata and E. orientalis in the Kazuradani River, Kagawa Prefecture, were compared in the colour pattern and in the body length-pronotum width relationship. The three species are different in the colour pattern of head besides that of dorsal abdomen which has been used for the identification of the species. According to the colour pattern of head, the three species can be distinguished each other even in the young nymphs smaller than 5mm in body length. The ratio of pronotum width to body length of female is greater than that of male in every species. It does not differ among females of the three species but male E. strigata is greater in this ratio than males of the other species.

1. 香川県高松市の近郊を流れる春日川の支流, 葛谷川で採集されたフタスジモンカゲロウ Ephemera japonica, モンカゲロウ E. strigata, トウヨウモンカゲロウ E. orientalisの3種の幼虫について, 頭部斑紋および体長-前胸幅関係を比較した。 2. 3種の斑紋を比較した結果, 従来種の判別に用いられていた腹部背面の縦条紋の他に, 頭部斑紋にも相違のあることがわかった。この頭部斑紋によれば, 従来困難であった体長5mm以下の若令幼虫でも種の判別が可能である。 3. 体長一前胸幅関係では, 3種とも雌の方が雄に比べて体長の割に前胸幅の大きい傾向がある。種間の比較では雌には差は認められなかったが, 雄ではE. strigataが他の2種よりも前胸幅の大きい傾向が認められた。

著者
著者 黒田 珠美
著者(ヨミ) クロダ タマミ
著者(別表記) Kuroda Tamami
著者 渡辺 直
著者(ヨミ) ワタナベ ナオシ
著者(別表記) Watanabe Naoshi C.
掲載誌
香川生物
12
開始ページ
23
終了ページ
27
出版者
香川生物学会
出版年月日
198405
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.