香川県産アブラコウモリに寄生する吸虫 (Trematode) の季節的変化

( 最大 2000 件 )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3105
タイトル
香川県産アブラコウモリに寄生する吸虫 (Trematode) の季節的変化
タイトル(別表記)
Seasonal variation of trematode in Pipistrellus abramus in Kagawa prefecture
ファイル
内容記述

The present studies show the seasonal variation of trematode infection in Pipistrellus abramus in Kagawa prefecture. During the period, several bats were captured alive once a month and were autpsied immidiately to discover endparasites in the bat's gut. The bat, P. abramus, were not infected by cestode and nematode. The bat were infected with seven species of trematode, namely, Pycnoporus rhinolophi, Pycnoporus transversus, Pycnoporus heteroporus, Plagiorchis (Plagiorchis) koreanus, Mesothatrium japonicum, Prosthodendrium (Prosthodendrium) thomasi, and Lecithodendrium macrostomum. The infection rate varied sensonally through a year. The number of trematoda and infection rate was highest in winter.

1. アブラコウモリの内部寄生虫を調査した結果, アブラコウモリには吸虫類Trematodeのみが寄生していた。 2. アブラコウモリに寄生していた吸虫類はPycnoporus rhinolophi, Pycnoporus transversus, Pycnoporus heteroporus, Plagiorchis (Plagiorchis) koreanus, Mesothatrium japonicum, Prosthodendrium (Prosthodendrium) thomasiおよびLecithodendrium macrostomumの7種であった。 3. P. heteroporusは今回の調査で日本で初めてみつかった種である。 4. アブラコウモリの内部寄生虫である吸虫類の季節的変化としては、冬季には寄生数も寄生率も高く、夏季には低かった。春季および秋季にはその中間の値を示した。 5. アブラコウモリへの吸虫類の寄生は, コウモリの年齢グループとは関連がみられなかった。

著者
著者 森井 隆三
著者(ヨミ) モリイ リュウゾウ
著者(別表記) Morii Ryuzo
掲載誌
香川生物
14
開始ページ
9
終了ページ
15
出版者
香川生物学会
出版年月日
198611
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
日本語
出版社版
区分
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.