クスノキの葉の寿命と光環境

( Max 2000 Items )
URI http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/metadata/3117
Title
クスノキの葉の寿命と光環境
Title Alternative
Leaf life span of Cinnamomum comphora and light environments
File
Description

1986年2月から1987年2月まで, 香川大学教育学部構内のクスノキを用いて, 光環境と葉の寿命との関係を調べた。得られた結果は次の通りである。 1. 個々の葉の追跡調査によって, 日当りの良い場所の葉は2年目の4月下旬までには全ての葉が落ちてしまうが, 日当りの悪い場所の葉は2年目の4月下旬でも新葉展開時の4分の1の葉は残っており, 日かげの葉の方が寿命が長いことが明らかになった。 2. 新葉と旧葉の割合は, 個体によってある程度の違いはあるものの, 南側の日当りの良い方は新葉の割合が高く, 北側の日当りの悪い方は新葉の割合が比較的低かった。 3. 落葉量の季節変化は, 4月の落葉期と8月にピークが見られたが, 4月に落ちる量の方が圧倒的に多かった。

Author
著者 溝渕 隆弘
著者(ヨミ) ミゾブチ タカヒロ
著者(別表記) Mizobuchi Takahiro
Publication Title
香川生物
Volume
15・16
Start Page
59
End Page
66
Publisher
香川生物学会
Published Date
198902
ISSN
0287-6531
NCID
AN00038146
Resource Type
Journal Article
Language
jpn
Text Version
publisher
Set
香川大学
Copyright (C) 2009 Kagawa University All rights reserved.